注意!かわいいポピーだと思っていた花の正体はナガミヒナゲシだった

こんにちは、nocotoです。

ほぼ毎朝Hana✿の散歩がてら、次女の通学班に顔を出しています。
雨の日や余裕のない日は行けませんが。
そこで子供達とコミュにケーションをとるのが楽しみでもあります。
Hana✿も小学生の皆とお友達でいる様子で、とても楽しそう♪

ワンコを飼ったことで見守り登校のボランティアもできてるかな。

娘の班の集合場所はスーパーの花壇の前。
あら、かわいいポピーがたくさん生えている。
スーパーが植えたのかな?それにしては無造作に生えているような…。

班が出発した後に、ワン友と遭遇。
一緒に歩きながら、今日はあちこちにポピーを発見。

ワン友さんいわく、これはナガミヒナゲシという、ケシの仲間で繁殖力が半端ではないそう。
庭に生えたのを見つけると、すぐに引っこ抜くんですって。

こんなに可愛らしいんだけどなあ。
気になったので調べてみました。
詳しくはウィキペディア ナガミヒナゲシをご覧ください。

ざっくりどんな花か。
開花時期は4-5月で、一つの果実には約1600粒の種子が入っているそうな!
根と葉からは周辺の植物の生育を強く阻害する成分を含んだ物質が生み出されるというのが、可愛い顔して恐ろしい…。
そんなナガミヒナゲシが2011年には農地へ繁殖したというのは大変なこと。
蔓延を防ぐには花が咲く前に駆除するべきなんですって。
地場の他の草花を駆逐してしまう可能性があるので、園芸花として楽しむには、花が終わり次第摘み取る等の、種子拡散を防ぐ注意が必要だと。

散歩中、コンクリの境目から。

近所の駐車場の脇にも群生し始めていました。

そして我が家の2件隣のアパートもいつの間にかまずいことに!

管理人さん、花壇もいつの間にか侵略されてますよ~!

すぐに抜かないと種が何万個も飛び散るよ!
うちにも来ちゃうよな~。

ナガミヒナゲシは麻薬の原料となるケシとは違う品種なのでまだいいのですが。
でも可愛い花だけど正体を知ってしまった今、私にとってはもはや雑草になりつつあります。
そこまで嫌わなくてもいい?
この地域で見かけたのは多分、今年が初めてのような気はするけど、今まで関心がなくて目に入っていなかっただけ?

種子は秋に発芽して越冬するらしいです。
今年はこんなに見かけたので来年はどうなることでしょう?

今回、散歩のおかげで雑草を抜くことの大切さに改めて気付きました。
回覧板でお知らせとして回れば地域の皆さんで気を付けることができそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る