断捨離のおかげで買うことができた山中塗のラーメン鉢

こんにちは、nocotoです。

断捨離歴1年9ヶ月。

始めたばかりの頃はとてもスピーディーに進み、完全にガラクタ化していたものは一気に捨てる事ができました。

忙しくなると止まってしまうこともあるけど、またしばらくして少しだけやったりと、なんとか断続的に続いています。

断捨離に興味がある人はよかったらこちらもお読みください。

モノが減ると心は潤うって、本当です!断捨離しましょう

断捨離からの南極物語

 

断捨離で最初に手をつけたのは食器

 

勢いに乗って、かなりの量を減らしました。

食器に関しては、必要のないものを処分し終わった次の段階に差し掛かっているところです。

より便利で使いやすい、気に入ったものに買い換えて行きたいなと。

 

その作業でまず踏み切ったのが、ラーメン鉢。

我が家のキッチンは狭く、どうしても食器棚の高い所にしまわなくてはならないものが多いのです。

それほど頻繁に使わないラーメン鉢はやや高い所に。

その鉢は陶器の重いものでした。

たまにとはいえ、出す時は何となく大変だなと思いながら慎重によっこらしょっと。

毎回感じるこのストレスをなくしたいと思うようになりました。

断捨離をしていなかったらこう思うことはなかったでしょう。

 

省スペースで使い勝手のいいラーメン鉢に出会えました

 

そんな頃、百貨店のそごうの食器売り場を見ていた時に、程よく鮮やかで、程よく渋い赤の塗のラーメン鉢を見つけました。

私の故郷、石川県の山中塗のものでした。

 

手に取ってみると、軽くて触り心地もいい!

ただ、家にあるものと比べると何となくコンパクトな感じがして、ラーメーンがこぼれないかな?と心配しました。

しかし、定員さんが大丈夫だとおっしゃっていました。

それならばと、ちょうど5個あったので、全てゲット。

できれば父の分も欲しかったので、もう1個はアマゾンで購入。

父のは濃い茶色にしてみました。

しかし、実際に並べてみると、両方とも似たような色で、よく見ないと違いが分からないくらい。

中の赤色は同じです。

向かって右が濃い茶色。

一番上が濃い茶色。

個人的には明るい色の方がときめく感じで好みです。

 

塗とは言っても、食洗機やレンジで使えるもので、材質は飽和ポリエステル樹脂にウレタン塗装してあるもの。

欲を言えば本物の塗のものが欲しいけど、高額だし、食洗機では使えないし、雰囲気だけってことで。

軽いので高い位置でも出し入れしやすく、扱いにも気を遣わなくていいので、とても気に入りました。

 

そして、心配した大きさについては全く問題なく、野菜たっぷりラーメンも大丈夫でした。

 

前に使っていた、重くて大きくて場所をとっていたラーメン鉢とはさよならできました。

收納スペースにも少し余裕ができたのはとても嬉しいこと!

 

ラーメンや蕎麦はもちろん、サラダや納豆料理、丼もの、スープ餃子に酸辣湯(サンラータン)など、頻繁に登場しています。

こちら、肉を巻いて食べる為のサラダ菜を盛っただけ。

お椀を変えるだけでサラダはぐっと雰囲気が変わります。

 

そしてこちらは煮込みうどん。

石川県の郷土料理である、「とり野菜みそ鍋」風に煮込んでみました。

食べてみまっし まつやのとり野菜みそ鍋 しめにはうどん!

 

今まで、重くて場所をとっていたラーメン鉢に対する小さなストレスが、長年積み重なり、私の心の中では山となっていたのでしょう。

ラーメン鉢が変わったことだけでこんなにも嬉しいことだとは♪

 

親へのプレゼントにもおすすめです

 

なんといっても軽いというのが売りで、落としても割れないので、ご年配にも是非お薦めします。

汁物は陶器のように、淵までアチチってことにもなりません。

親へのプレゼントにちょうどいいかなと思います。

もちろん若い人にも♪

山中塗 食洗機対応 レンジ刷毛目ラーメン鉢 春慶 M14496

新品価格
¥1,080から
(2017/5/15 13:45時点)

山中塗 食洗機対応 レンジ刷毛目ラーメン鉢 溜 M13468

新品価格
¥1,080から
(2017/5/15 13:43時点)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る