基礎トレーニング、楽しく続けたい!健康ステッパー ナイスデイ購入でモチベーションUP♪

こんにちは、nocotoです。

最近購入した、ステッパーにまつわるお話しをしたいと思います。
家族達の話も入ってきますので、長くなりますがどうぞお付き合いください。

 

まずは自分の運動状況を振り返ってみる

皆さんは運動していますか?
私は現在、テニスとバドミントンを中心に、たまに気が向けば2kmのランニングも。

ランニングは夕方に行くと決めています。
一人でマイペースに、自由な時間にできるのでとってもいいのですが、それでも忙しい日にはなかなか行けなかったり。
子供の習い事の送り迎えや夕食を食べさせて塾に送り出す等があると、なかなか行けません。

たった2kmのお手軽なランニングですが、所要時間を考えてみると、

着替えで2分、公園まで往復6分、準備運動2分、ラン1km7分ペースで2km14分、整理体操2分の、合計24分。

数字だけ見るとあっという間なんですけどね。
お忙しいママさん達にはお分かりいただけると思いますが、それすらも無理な日もたくさんあります。
そんな日が続くと、私の場合、運動不足ということがストレスになってしまいます。

 

有効で手軽なトレーニングで、脚力を鍛えたい

ランニングを始めたのには理由があります。

・体全体をほぐしたい。
・脚力をつけ、テニスやバドミントンで玉を追えるようになりたい。

実際、効果はありました。
特に、テニスの広いコートの時に、走れるようになったのを実感しました。
友人達にも気付いてもらえたのは嬉しかったですね~。

バドミントンでは、体が柔らかくなった感じがして、うまくコントロールできるようになったりとか。

 

さて、ランニングよりも手軽な運動といえば室内トレーニング。
着替える必要もない、パジャマでもOK、テレビを見ながらできるという楽しみも♪

断捨離でテーブルをなくしたおかげで、一応スペースもあることだし。
ゴールデンウィークに出かけるのは一日だけだし。

夫も欲しがっていたので、GW直前に決断し、めでたく購入!

 

ブログを書いている隣にステッパーを置いています。
鍛えるのが大好きな長女は先ほど、足踏みしていました。

私はこんつめ過ぎないよう、気分転換にステップするようにしています。

 

健康ステッパー ナイスデイの効果

八の字型に踏み込むことによって、足全体が鍛えられます。
写真では分かりにくいかもしれませんが、踏み下ろす時に、かかとの方が少しだけ外側に開きます。

ももの内側の筋肉を使う感じですが、初めての時は少し難しく、普段使ってない筋肉なんだなあと感じました。
スキーのターンの練習にも良さそうな感じがしました。

 

カウンターが付いていて、回数・速度・時間・消費カロリーが自動で切り替わって表示されます。
高さ調節ノブでペダルの高さを変えることができ、自分に合った運動量に調節できます。

説明書には、一日10分を目安にお使いくださいと書いてあります。
回数にすると300回。

初めての時は100回くらいでもういいや、となっていました。
実は、左膝にほんの少し痛みを感じ、私にはこの運動は向いていない!?
心配になって控えめにしていました。
数日はそんな感じで150回に抑えていたのですが、ある日、気にせずもう少し頑張ってみました。
すると、運動している途中で痛みが消えたのです!
そして今現在は痛みを感じることは全くありません。
一体どういうこと?
膝にもコリがあってそれが取れた感じなのでしょうか。
少々痛い部分は逆に動かすといいこともあるのですね。

そして今では300回が苦痛ではなくなりました。

更には、期待していなかった効果も現れたかもしれません。
ステッパーは鍛えるのを目的で買ったので、ダイエットの効果は考えていませんでしたが、もしかすると少しだけウエストが細くなった!?
自分にしか分からない程度ですが。
新たな期待が生まれ、まだまだ頑張れそうです。

そして家族皆で頑張ろうということで、説明書と一緒に入っていたこれ。

家族5人分の色のシールは買ってきました。
皆でゴールの三条大橋を目指して歩きます!

進み方にも個性がありそうですね~。

ショップジャパンの公式サイトを見ると、ご年配の方向けに宣伝している感じですが、中年、若者、子供、全てに良さそうですよ♪

ショップジャパン 【公式】健康ステッパー ナイスデイ [メーカー保証1年付] ウォーキング 足踏み運動 室内 ダイエット

新品価格
¥10,280から
(2017/5/12 15:17時点)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る