PTA活動で意見が対立した時に、楽になる方法

こんにちは、nocotoです。

 

現在、在り方が難しくなっているPTA。

生徒の保護者のみならず、ご年配の方々にも、このことに関しての認識は広がっています。

 

保護者の現状

 

かなりの割合で、お母さん達は働いています。

当然、昼間のPTA活動には参加しにくい状況。

 

毎年4月には皆さんが憂鬱になる日がやってくるのです。

中にはやってみようかなという気持ちのある人もいるでしょう。

しかし全体的にネガティブな雰囲気だと、立候補しづらくなるものです。

 

また、やってみたくても仕事がある以上、迷惑はかけられないという思いで、諦める人もいます。

そのことを踏まえ、集まる時間を夜にしている学校もあれば、従来通り昼間という学校もあります。

 

社会が変化すると、PTA活動にも影響が出る

 

4月X日が過ぎ、新年度のPTA活動がなんとかスタートします。

社会がいろいろと変化をしていると、PTAも今まで通りには進まなくなる事があります。

最近はLINEやメールのおかげで、幾分か楽になっていることもありますが。

 

問題になりやすい事として、今まで伝統的にやってきたものを、今後どうするかということ。

これは、全体的に余裕が無くなっているので、当然生じる問題です。

共働きで、ただでさえ時間がないとか、まだ小さな子供がいるとか、あるいは親の介護があるとか。

時代にそぐわないので「無くしてしまおう」という人と、「無くすなんてとんでもない」という人が、対立してしまうことがあります。

 

どちらが正しいと言えることではなく、解決するのはとても難しいこと。

頭を悩ませ、お互いに嫌な思いをし、息詰まってしまうこともあるでしょう。

 

意見が対立した時の対処法

 

考え方が合わず、困った時。

自分の学校以外ではどのようにしているのか、リサーチしてみましょう。

案外、お隣の学校では全然違ったりすることもあります。

考えが進んでいる学校の話を聞くと、自分の中でこだわってきたものが、すーっと解ける場合があります。

そうなると、気持ちがとても楽になれます。

歩み寄ろうという気持ちまで出てくることもあります。

 

集めた情報をシェアすれば、意見がまとまりやすくなるでしょう。

どちらが悪いということではないので、対立はしたくありません。

元はといえば、無理やりならされてしまったかもしれないPTA部員。

どうせなら保護者同士で楽しく、気持ちよく活動したいものです。

 

情報を集めることは、PTA活動に関してのみならず、他の個人的な悩みに対しても、有効な行動です。

自分から情報を集め、その中から取捨選択するなり、自分なりの方針を打ち立てるなりすればいいのです。

 


PTAは、元々は子供たちのために行っている活動です。

その目的を再確認し、必要なもの、必要でないものを、見極めなくてはならない時代です。

 

子供達を気持ちよく盛り上げていく為の、時代にあった方法が必ずあると思っています。

社会には便利な仕組みがいろいろと発生しているので、そういうものを学校にも取り入れられたらいいと思います。

 

PTA関連記事

PTA役員決めの限界時代

PTA執行部は激務すぎ!皆が声をあげないと変われない

PTAの仕事は楽しむことだってできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る