婚活の講演会からの学び

こんにちは、nocotoです。

 

先日、婚活提唱者の白河桃子さんの講演会に行きました。

中学校のPTAの仕事の一つなのですが、保護者なのに婚活テーマ?

一瞬戸惑いましたが、子供達もあっという間にお年頃になります。

うん、やはり聞いておかねばと、興味津々で参加しました。

 

聴講した内容に、私なりの意見も織り交ぜてお話したいと思います。

 

 

今と昔とでは全然違う婚活事情

 

婚活の本当の意味

今では知らない人がいないほど当たり前に使われている「婚活」という言葉。

しかし、少々間違った方向に捉えられているようです。

婚活と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか?

合コンや婚活パーティーに参加し、結婚相手を見つける活動をイメージするのではないでしょうか。

 

ところが提唱者である白河さんの意図は違います。

女性達の意識が大きく変わったことに合わせ、世の中の仕組みを変えて行く活動をしなければいけないということを伝えたいのです。

 

収入が不安定な世の中なので、男性の給料のみに頼る事が難しくなりました。

そこで、結婚後も働きたいと思う女性が多くなり、それはこれからも増えていく傾向にあります。

また、人口減少で働き手が足りなくなっているので、国も女性の就職率をもっと上げようという方針。

現在でも既に、25~44歳の約7割が就職しています。

 

単に就職できたことだけでは問題は解決しません。

女性が出産後も働きやすい環境を作ると共に、男性も育児に参加できることも重要。

休まない男性を休ませる体制も作らなくてはなりません。

このように働き方を見直し、改革しなければいけない。

「働き方改革」をして、結婚しやすい世の中にしようという活動が、本来の婚活の意味なのだそうです。

 

 

結婚、今と昔

昔はまだ、結婚しやすい環境がありました。

バブルが崩壊するまでは、会社には若手社員がたくさんいました。

崩壊後は採用人数が大幅に減った上に、結婚適齢期の新卒を採用しないという自体にまで陥りました。

結婚の機会を失った大きな原因の一つはここにあるようです。

 

もう一つ、昔と今とで大きく違うところは、おせっかいをやいてくれる人が減ったこと。

今の若い子にお世話しようとしても、理想が高くなっていて、全然聞かないそうです。

そしていざ、お世話する時にもいろいろ手がかかるのだそうです。

 

 

結婚しやすい環境

白河さんいわく、ある三つの要素が整うと、結婚に結びつきやすくなるそうです。

 

①同じ環境に長くいる。

➁同じ目的を持つ。

➂目的達成の為に共に行動する。

 

昔は会社にこのような環境が整っていて、社内結婚が当たり前にあったのです。

 

私は大学時代に2年間、ある企業で事務のアルバイトをしていたことがあります。

その頃はバブル崩壊寸前だったので、職場にはまだ若者達がたくさんいました。

やはり社内結婚はありました。

実は私も、私の後輩も、そこの社員と結婚することになったのです。

会社での出会いは結婚に結びつきやすいというのは確かなのでしょう。

 

今は事務職のアルバイトを見つけることさえも難しいみたいです。

 

 

では今はどうやって出逢えばいいの?

先ほどの、結婚しやすい環境の為の三つの条件を考えると、何かに所属するのがいいということになります。

趣味や勉強したいことなどがあれば、それに関するコミュニティに参加するのも一つの手だと。

 

私があるコミュニティに参加したお話も紹介していますので、よかったら参考にしてください。

くすぶっていてはもったいない!楽しく気軽に学べる時代

 

ちなみに、ネットビジネス系のコミュニティなので、男性が大半でした。

 

現代の若者は受け身な人が多く、相手が寄って来てくれるのを待っているのです。

皆がこれでは始まりませんよね。

そして、いざ付き合ったとしても、結婚のきっかけがつかめない。

今や半分ものカップルが、妊娠がきっかけで結婚しているのだそうです!

 

我が子達には、我が家が理想とする順序を守って結婚してねと日頃から伝えています。

 

とにかく、自然なきっかけがつかみにくい世の中です。

自分から積極的に行動しないと何も始まりません

 

この記事を読んでくれた独身の人は、まず自分を見つめ直し、興味のあることを見つけましょう。

そして積極的にコミュニティに参加してみてください。

今はお金をかけなくても、いくらでも見つかると思います。

最初はしっくりとけ込めなくても、回数を重ねるうちに、きっと打ち解けることができると思います。

 

 

親にできること

子育て中の人は、情操教育の大切さをもう一度見直しましょう。

つい、習い事や教育ばかりに頭が行ってしまいませんか?

子供の恋愛体質を育んで行くことも忘れてはいけないと思います。

そして子供が将来、いろいろな所に飛び込んで行ける勇気も持たせなくてはいけません。

 

子供が親の確かな愛情を感じられ、

親が子供のありのままを認めていれば、

子供は自分に自信を持つことができ、

積極的になれる

 

親の関わり方も婚活に繋がることを、しっかりと認識しておきましょう。


手遅れになる前に教えて欲しかったという後悔を根絶すべく、作られた一冊。

就活に苦戦する女子も、将来が見えない女子も、不安の正体が分かれば怖くない!

結婚では食べていけない時代」の、産める仕事生活マニュアル。

↓↓↓

女子と就活――20代からの「就・妊・婚」講座 (中公新書ラクレ)

新品価格
¥1,015から
(2017/6/28 16:43時点)

生物学的な妊娠適齢期は35歳までという現実にどう向き合うか。

「いつか自然に結婚して子供を持つのが当たり前」という意識では、欲しいと思った時にできないこともあります。

妊娠にまつわる知識を正しく身に付け、自分の身体の現状を把握し、自分にベストなライフプランを描くことが「妊活」

↓↓↓

妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング (講談社+α新書)

新品価格
¥905から
(2017/6/28 16:46時点)

 

卵子の老化を知らなかった」「妊娠にそんなに年齢が大事なんて知らなかった」

そんな声をなくすための一冊。働きながら産み育てるライフデザインも分かりやすく教えています。

学生や親御さんなど、「産む」と「働く」を考える全ての人に読んで欲しい本。

↓↓↓

「産む」と「働く」の教科書

中古価格
¥349から
(2017/6/28 16:49時点)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る