子供は早く巣立ってほしい!

こんにちは、nocotoです。

 

首都圏に自宅がある場合、大学や短大、専門学校へは、自宅から通うことが多くなると思います。

ところが地方に住んでいると、学校の選択肢が少なく、都会、あるいは他の地方の学校を受験し、一人暮らしを始める学生の割合が高くなります。

 

私は石川県で生まれ育ち、関西の大学へ進学しました。

弟も妹も東京の大学に進学し、兄弟3人とも18才から一人暮らしを始めています。

 

ランチでの会話から

 

ある先輩ママさんのお子さんは大学一年生。

自宅から都内の大学に通っているそうです。

大学生活は楽しそうで何より。

アルバイトをしながら一般的な大学生活を送っている様子。

 

ただ、家事は全然させていないということに驚きました。

ママの方が、お世話してあげなくちゃと思っていたのです。

 

高校生から大学生になる時、大きく一歩、大人の階段を登ると思います。

身の回りのことは全て自分でできるはずなのです。

私も料理なんてほとんどしたことがないまま、一人暮らしをし始めましたが、簡単なものならすぐにできるようになりました。

買い物だって、ちゃんとできるのです。

 

また、他のランチでも、一人暮らしをさせるという考えのない人がほとんどでした。

もちろん、金銭的に難しいというのが先立つので、当然といえば当然なのですが。

しかし、もし余裕があったとしても、まだ一人にはできないと思い込んでいる様子。

 

私は、子供が大学生になったら、できることならすぐにでも一人暮らしをさせたいと思っています。

費用を抑えようと思えば、今はシェアハウスなど、様々な形態のものがあるようですね。

 

子供に一人暮らしをさせたいということを友人に話すと、結構驚かれるのですが、私にとっては自然というか当たり前の感覚。

しかし、同じく金銭面の問題は大きく立ちはだかるのですが。

 

一人暮らしのメリット

 

経験してみて、やはり一番のメリットと感じたのは、自立心が備わるということ。

とは言っても、仕送りをしてもらい、金銭面ではかなり親に頼っていたので、本当の自立までは、まだまだなのですが。

しかし、仕送りの範囲内で生活するために、よく考えてお金を使うようになります。

もちろん、アルバイトもしました。

 

自炊ができるようになり、栄養バランスも多少は考えられるようになります。

食事に関しては、自分で料理できないと、栄養バランスに気をつけるということは、難しいと思っています。

料理をしない人は、いくら体にいい食事を教わったとしても、すぐに忘れてしまい、自分の嗜好に戻ってしまいます。

 

共働き夫婦が増えている現在、自炊ができるということは、男性にとっても、もはや必須の時代になりつつあります。

婚活の講演会からの学び

早いうちから食に興味を持ち、料理を楽しむべきです。

 

子供に一人暮らしをさせては、家事など面倒でろくにしないのではないだろうか?と心配する人もいるかと思います。

しかし、一人の生活は全てが真新しく、全部自分でこなすことに、楽しみさえ感じるものです。

 

料理一つにしても、買い物から全部自分でやり遂げ、美味しかったりすると、それはとても感動的なこと。

次は何を作ろうかと楽しみにもなります。

部屋を掃除して、綺麗になるたびに爽快感も得られます。

 

自分で生活しているという達成感が、人を大きく成長させるのです。

親のありがたみを感じながら自分で生活して行くというのは、自立への一番の手段だと思っています。

 

二十歳になったら家から出て行け、だそうです

 

我が家の子育てにおいて、子育てプリンシプルという本を、大いに参考にしています。

そこには典型的なダメ親のことや、子供がダメになって行くのは親のせいだということが、はっきりと書かれています。

甘やかす祖父母のこともダメだと言っています。

戒められる思いで読み進める感じです。

 

作者の奥田健次さんは、「二十歳になったら家から出て行け」という考え方。

これは小さい頃から言い聞かせるべきだと。

我が子の自立の邪魔をするのは親だというのです。

確かに、いつまでも親のすねをかじって生きている大人やニートは、親が甘やかした結果であることが多い。

しかも、特に日本人は過保護になりがちなのです。

長男がオーストラリアの研修旅行で、衝撃を受けたことがあったそうです。

それは現地の若者は、高校生くらいにはもう、精神的に自立しているということ。

オーストラリアから帰国した高2の息子の話

 

親が思う以上に子供は自分で何でもできると信じ、子離れして行かないといけませんね。

子育てプリンシプル

新品価格
¥1,080から
(2017/8/16 10:58時点)

Kindle版

子育てプリンシプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る