暇な時間が多く与えられた小学生は、将来自立できる

こんにちは、nocotoです。

 

皆さんは小学生の頃、どんな生活でしたか?

忙しかったか、暇だったか。

つまらなかったか、楽しかったか。

 

どうしてこんな質問を投げかけたか?

前回の記事で、松田聖子さんのファンだった話をしました。

松田聖子の中に本物を見た話

その記事を書きながら、私は私なりに、幸せな小学校生活を過ごせていたことを、ありがたく感じました。

聖子ちゃんにハマれた時間が、とても貴重だったと思ったからです。

 

好きなことに集中できた小学校時代

 

アイドルのファンになること

小学生には、好きなアイドルの一人や二人、いて当然だと思っていました。

ところがそうでもなく、今までファンになったことがないという人も結構いるのです。

テレビを見せてもらえなかったとか、中学受験で忙しかったとか、親の方針による環境が大きく左右していたのでしょう。

 

私の両親は共働きだったので、テレビは見放題、ゲームもし放題。

放任な感じでした。

 

歌番組をよく見ていた私は、聖子ちゃんのみならず、トシちゃん→シブがき隊→少年隊と、好きなアイドルに夢中になっていました。

小学校の高学年からそういう気持ちが芽生えていました。

 

テレビやラジオで流れるアイドルの曲を、ラジカセでせっせと録音し、聴きまくり歌いまくり。

録音するときには、曲と曲との間に3秒の間を入れるなど、こだわったり。

録音した曲から、更に好きな曲だけを選抜し、他のテープにダビングしたり。

小学生なりに一所懸命に、作業をしていたのがとても楽しかったし、いい思い出となっています。

 

5、6年生の時にマンガを読みまくった。

音楽以外にも、マンガにはまりました。

たくさんのマンガを持っていた友達がいたので、毎日のように借りて読んでいました。

母が用意してくれたあった、日本の歴史シリーズの漫画も、全て読みました。

新版 学習まんが 日本の歴史 発刊記念特別定価 全20巻セット (全面新版 学習漫画 日本の歴史)

マンガにハマったのもいい思い出。

 

マンガを読んだことが、どうしていい思い出なのか?

かなりの量を読んだということがポイント。

夢中になる楽しい時間がたくさんあったということも。

気持ちは満たされたのです。

 

好きなことをできたという実感があれば、心は満たされる

 

単なる遊びでも、量をこなすと、達成感を感じられます。

小学生のうちに思いきり遊んでおくことは、とても大事なことだと思います。

 

読んでいたのは主に少女マンガで、特に為になるようなものではありません。

でも想像力くらいは身に付いたかな?

私にとってマンガを読むということは、どういうことか。

それは単に面白いということ。

読んでいる時間が楽しいということ。

 

その、楽しいと言える時間が、私にはたっぷりありました。

習い事もいくつかしていたけど、友達と遊ぶ時間、趣味の時間も十分に持てました。

勉強はというと、学校からの宿題をこなしていただけ。

 

アイドルの追っかけやマンガを読むことは、自分の大好きなこと。

本当に好きなことに没頭できていた時間。

そういう時間が、将来の人生において、貴重なものとなるのです。

好きなことに夢中になり、十分に楽しんだという小学校時代の満足感は、充実した中学校生活を送るために、とても大切なものとなりました。

 

好きなことに自分から動いた経験は、自立につながる

 

楽しく過ごせ、満足に終わった小学校生活。

たっぷり遊んだという満足感を持ち合わせていた私は、小学校最後の春休みから、中学校に意識が向きました。

母のおかげもあって、すぐに中学生モードに入ることができたのです。

私のために、通信教育のポピーを申し込んでくれていたから。

親子で学べる!教科書に沿っていてテストで高得点を狙える!【月刊ポピー】。まずは無料おためし見本から!

ちなみに、中1の長女も現在、喜んでポピーで勉強しています。

長女はポピーが好き

 

ポピーの教材を見ると、急に勉強に興味がわき、春休みから予習に取り掛かることができました。

春休みに勉強の楽しさを知ったおかげで、中学校生活のスタートは順調!

それからの3年間、大変充実したものとなりました。

しかし、部活はとてもハードで辛いと感じていました。

当時のバドミントン部のトレーニングは、地獄のようにハード。

先輩も…。

母にグチをこぼしたことも何度もあったけど、きっと私の中には既に、強い心が備わっていたのでしょう。

勉強と部活の両立ができました。

 

心が満たされていれば、辛いことも乗り越えることができます。

乗り越えられたことから、自分に自身をつけることができた中学校生活となりました。

 

「心が満たされる」という強みは、やはり小学校生活が土台になっているのです。

土台を作ってあげるためにも、無理にスケジュールを入れすぎず、暇な時間を作ってあげるべきです。

 

暇な時間を用意してあげてください

 

小学生に必要な暇な時間とは、

好きなことを見つける時間

それに集中する時間

更に自分で考えて工夫ができる時間

これら三つのステップをふめる時間のこと。

結構長い暇な時間が必要ということです。

 

特に、自分で行動を広げていけるようになる高学年には、このような時間を与えたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る