中学生にお小遣い、絶対必要

こんにちは、nocotoです。

 

中学生になると、学区の範囲が広がり、遊びも様々になり、お店で買い物をすることもあるでしょう。

欲しいものも次々と出てきます。

当然、お金を使う額も増えます。

 

前回の記事で、小学生のお小遣いについてお話しましたが、中学生の金額を決めるのは更に難しくなります。

我が家では3年間ずっと変わらず月額2,000円ということにしています。

この金額に対しては、多すぎという人もいれば、妥当だという人も。

また、多趣味で好奇心が旺盛な子には足りないでしょう。

 

中学生になると、金額はその子の性格や家庭の経済状況に合わせて、ある程度バラつきが出てくると思います。

 

 

お小遣いをあげない理由

 

中学生になっても毎月のお小遣いを与えないという考え方のご家庭があるようです。

与えないというと語弊がありそうですが、必要な時に必要な分を渡すということらしいです。

しかし、急に必要になった時に、必ず親はそばにいられるでしょうか?

親が在宅でなければ、友達と出かける時に、無一文で出かけることになります。

後でお話しますが、このことが思わぬことを引き起こすことがあるのです。

 

お小遣いをあげてしまうと無駄遣いをするから、とか、何かの罰としてあげない、というご家庭。

 

言うことを聞かなかったり、成績が悪かったり、というような理由で、しばらくお小遣いをあげない親がいます。

罰とお小遣いを結びつけても、何の解決策にもならないでしょう。

改善すべき点に関しては、物事の道理をしっかりと教えていく必要があります。

お小遣いとは全く別物です。

 

また、いつまでも子供扱いし、成長を認めることができず、お小遣いをあげられないという場合もあります。

親も少しずつ子離れする努力をしないと、子供はまっすぐに育てなくなります。

 

 

お金を持たせないことによって起こりうるトラブル

 

お金を持たせると、無駄遣いするのではないか、持っているとカツアゲされるのではないか、と心配しがちです。

しかし、持たせない事によって起こる事の方が重大なのです。

 

お金に関しては、持たせるより持たせないことの方がトラブルが起こる可能性が高いと思います。

しかも、お金を持っていない子の方が問題を引き起こすのです。

 

中学生は、部活や塾でスケジュールがギッシリのとても忙しい子もいれば、逆の子もいます。

時間のある子は遊びに誘います。

忙しい子も、スキマ時間を見つけてせっせと遊びに行きます。

 

そして中学生はとってもお腹が空きます。

24時間、腹ペコ状態の時期もあります。

友達と出かければ、興味あることは食べること!

コンビニやスーパーに入って食品を買うこともあります。

 

友達が美味しそうなものを買っていると、お金をもたない子は当然羨ましくなります。

すると、どうするでしょうか?

 

友達にお金を借りるのです。

その場限りのことで、すぐに返せるならまだいいです。

ところが、返せないうちに、同じように何人かに借金をするのです。

 

もし、我が子がこのようなことをしていたら嫌ですよね。

 

そして、他にも困ったことが起こりうるのです。

お金欲しさからなのか、気に入らないことがあると文句をつけ、お金を持って来いと要求するのです。

私が知っているトラブルは未遂に終わりましたが、恐ろしいことです。

また、同じことを一人のみならず、何人かにやってしまうのです。

やはり、その子はお小遣いをもらっていないということでした。

このことが、もし発覚しないでその子が大人になってしまったらと思うと、恐ろしいことです。

 

どれも普通のご家庭の子のことですが、厳しさが間違った方向にむいていると感じました。

 

 

少し大人になったことを認めてあげよう

 

中学生は少しずつ大人になっているのを、親は認められるようにならないといけません。

子供のことは気にかけながらも、過干渉にならないようにしたいものです。

 

お金を持たせてもらえることによって、子供は親に認められたと感じると思います。

自立心を養うことにもつながるのではないでしょうか。

 

心が自立した大人になるためには、まず親から認めてもらうということが絶対に必要です。

これはとても大切な通過点なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る