モチベーションが下がったら上げるための行動をしよう

こんにちは、nocotoです。

 

「モチベーションが下がったらどうしますか?」

と聞かれたら、

「上げるしかない」

と私は答えます。

 

 

モチベーションが下がる時ってどんな時?

現代の主婦には、子供のことや家事、仕事など、毎日のタスクが山ほどあります。

様々なジャンルのことを日々、こなしていかなければなりません。

 

子供の人数が多いほど、忙しさも増して行きます。

子供がいる主婦は安心して家にいられる世の中だったらいいのに、と思いますがそうは行かない時代。

婚活の講演会からの学びでも触れていますが、今は夫の給料だけではやっていけない場合が多いのです。

 

そういうわけで、とっても忙しい女性が多い!

モチベーションが下がったとか言ってられないのです。

 

しかし、誰でも、落ち込む時ってありますよね。

会うたびにいつも明るい人がいますが、そういう人でもきっと。

 

実は私も最近、モチベーションが低くなっていました。

子供の用事やPTAのことがいろいろ重なり、かなり忙しい状態。

忙しいだけなら明るく元気に、ただひたすら仕事をこなすことができます。

しかし、忙しさに加えて心配事もいくつか発生し、モチベーションがダウン。

 

モチベーションが下がる時、気分が落ち込んで動けなくなる時って、心配事や悩み事が発生した時なのです。

また、睡眠時間が少なすぎてもそうなってしまうことがあります。

 

 

モチベーションの上げ方

 

睡眠時間を増やそう

睡眠時間が少ない場合は、もちろん、睡眠時間を増やせばいいのです。

答えは簡単です。

 

しかし、スマホが普及した今、遅くまでYouTubeを見たり、ネット検索、ゲームなどで、夜ふかししている主婦も多いのです。

12時前に就寝している人ってかなり減っているようです。

 

早く寝なくてはと思いながらも、ついこうなってしまうのは中毒症状と言えそうですね。

子供のゲームやスマホを心配する以前に自分の心配も必要と言えるでしょう。

 

早寝することすら難しい時代に突入しました。

忙しいからこそ睡眠をとることはとても大切です。

強い意思を持って早寝してみましょう。

翌日、いつもより体が軽く動くのが実感できます。

そうすると、自然と積極的に動けるようになります。

 

これは当たり前のことで、わざわざ書くことでもないような気もします。

しかし、意味のない夜ふかしがやめられない人が増えてきているように感じるのです。

慢性化しないためにも、早めに改善するべきだと考えます。

 

意味のない夜ふかしの為に、日中のパフォーマンスが落ちるのは非常にもったいないこと。

子供に優しく接してあげるためにも、ごきげんなお母さんでいなくてはなりません。

大人も定期的に生活を見直すことが必要と言えるでしょう。

 

心配事や悩み事を解消する為には

ここでは重大事件的な悩みは省きます。

日常生活でありがちな悩みといえば、職場、ママ友、親、夫との付き合い方や、子供の教育、成長に関する心配事などが挙げられると思います。

また、これらの悩み事がいくつか重なることもあり、そうなると頭の中は混乱状態に陥ります。

 

人に悩みを話すことなく、一人で悶々としている人がいますが、それではなかなかいい状態にはなりません。

時間が解決してくれることもありますが。

それはそれでいいのかもしれません。

 

しかし、積極的に誰かに話してみるのもいいと思います。

混乱してしまった場合、誰かに聞いてもらおうと話してみてください。

自分でも驚く程、吐き出せる事があるかもしれません。

 

人に吐き出すことができた場合、聞いてくれた相手から返事をもらわなくても、解決策が見つかる場合があります。

案外、見つかる場合が多いものです。

 

自分が思っていることを全部出すことによって、まず気持ちがスッキリします。

すっきりした状態になると、自分が思い悩んでいたことの中で、何が大切かが見えてきます。

自分が大切にしているものが見えれば、それを選択すればいいのです。

悩み完了となります。

 

あとは行動に移す勇気です。

 

このように、自分を出すということは前に進むためにとても有効な手段となります。

時間に任せて何となく自然に悩みが消えていくよりも、積極的に解決しようと行動する方が、大人として成長することにつながるのです。

再び、同じようなことが起こっても、ジタバタする必要はありません。

 

そして努力の結果、子供にアドバイスできる、頼れるお母さんになるのです。

 

是非、実践してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る