飼い主は知るべき犬のトイレ問題

最近、気付いた問題を取り上げてみたいと思います。
これは私もずーっとどうなの?どうなの?と疑問を抱いていたことですが、やはり社会問題となっていたようです。
犬のトイレについてです。

これに気付いたきっかけは、回覧板。
その回覧板には、道路はトイレではないので、自宅で済ませてから散歩しましょうという趣旨のプリントが挟まっていました。
最近、2回見ました。
これには私もドキッとなってしまい、ネット上でも問題になっているかどうか調べてみました。
すると、あるある!
困り果てた人達の掲示板とか。これを見てからだと、犬なんて飼えなかったかもしれない…。

我が家では元々、家でさせる方針でしたし、そうしつけています。
ペット屋さんで教えていただいた通りに育てたら、自然とそうなりました。
とは言っても、ちゃんとできるようになるまでは数々のそそうもありましたし、何ヶ月もかかりました。
トイレ以外のことも、しつけて・褒めて、を繰り返しているうちにトイレも上手にできるようになった感じがします。

回覧板で回ってくるということは、近所の人が迷惑しているということで、犬を飼っているのが、肩身が狭く感じます。
気を付けているとはいえ、散歩のタイミングがずれてしまうと、失敗してしまうこともたまにはあるからです。
事情を知らない人が見ると、温かい目では見てくれないだろうなあと思ってしまいます。

我が家はそんな感じですが、住宅密集地である以上、回覧板の内容はもっともだと思っています。
かつて、いや、今も時々ありますが、我が家の植木におしっこをさせる飼い主がいて、その部分だけ枯れてしまい、とても迷惑しています。
斜向かいのお宅の植木も、引っ掛けられている現場を何度か見たことがあります。
その部分はすっかり枯れてしまっていて、今では何も植わっていない状態。
本当にお気の毒です。

糞の始末をしていかない人もいますね。
どうしてこんなにマナーがなっていないの?
そういう人がいると、ちゃんとしている人にも迷惑がかかってきます。
いい加減な人は軽はずみにペットを飼わないでいただきたい。

去年、大変な事故がありましたよね。
鉄製の道路標識の根元におしっこをさせていると、かかった所が錆びてしまい、根元から倒れて小学生の女の子が亡くなった事故。
そんなことが二度と起こってほしくはないです。
子供達にも気を付けるように言ってあります。

私はHana✿を飼うまで、犬の習性などについては全く分からない人でした。
でも飼い始めてからは犬のメルマガを読んだだり、雑誌を買ったり、ネットで検索して勉強し、最低限のことはしつけて来たつもりです。
トイレ問題に気付いてから、成犬になってからでも、家でさせることは可能なのかどうかということも調べてみました。
何歳になってからでもできるらしいけど、大人になってからでは倍の時間がかかったり、犬種によっては難しいこともあるということも知りました。

飼い主さんは、犬のことをちゃんと勉強し、地域の人に迷惑をかけないよう、気持ちの良いペットライフにしてもらいたいです。

道路でさせないということは本能に逆らうということでもあるので、とても難しいことです。
ヨーロッパ等では去勢をさせるのが当たり前になっているそうです。
そうするとマーキング等の迷惑行為が減るとのことですが…。
そこまでは要求しにくいかも…。

とりあえずは、もし、この記事を読んで、ハッと思った人は、トイレトレーニングを根気よくやってみてはいかがでしょうか。
トイレシーツ代がかかってきてしまいますが。
これから飼おうかと検討中の人は、是非とも最初からしつけてもらいたいです。

Hana✿のおトイレです。

シーツの上に網があるので、あんよは濡れません。とっても便利です。
トイレの淵でするときもあるので、床が汚れないように、トイレの下にシーツを敷いてあります。

自然の多い田舎だと、こんな心配はしないでのびのびと育てられるのでしょうね。

足を上げない女の子ちゃんにお薦めです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る