子供より先に親のスマホ教育が必要

こんにちは、nocotoです。

 

以前に、子供のスマホやLINEに対する考えを記事にしてきました。

子供のスマホ所持に関しては、否定的な考え方です。

中学生+スマホ→LINE→いじめ・トラブル

そして、大学受験を考えている高校生にとっては、邪魔な存在になることもあれば、有益になることもあります。

高校生とスマホについて真剣に考える

理数科のクラスでは、研究の時にとても役にたっていたし、スマホのお陰で世界も広がっていました。

 

これらの記事を書きながら、スマホに関してまず考え直さなければならないのは、「親」だと思っています。

全ては親の責任だから。

 

子供の未熟さを把握しよう

 

道徳がしっかり備わっている子が使えば、スマホはとても有益なツールになります。

しかし、小学生、中学生あたりは、年齢的に成長がまだまだの子が大半ではないでしょうか。

そのような状態で所持すれば、子供に悪影響を及ぼしかねません。

自分の子供にちゃんとモラルがあるかどうかを見極めないでスマホを与える親は、軽率とも言えると思います。

あるいはネット社会にうとく、どのようなものかわからないまま、与えている人もたくさんいると思います。

もはや「うとい」ままではいけない時代ではないでしょうか。

 

リアルよりも時には難しい、ネットの中でのコミュニケーション

 

普段の生活の中で、子供と積極的に会話し、いろいろなことを教えていますか?

ネットの危険性についてはもちろんですが、それだけではスマホを持たせるには不十分です。

人との関わり方、コミュニケーションの方法、文章表現の仕方など、身につけなければならないスキルは山ほどあります。

大人でも、込み入った話になってくると、ネットでのやりとりは難しいものです。

自分では柔らかく表現しているつもりでも、相手にとっては傷つくものだったり、微妙なニュアンスが伝わらなかったりと。

 

まだまだ書く能力が備わっていない子供が、LINEやSNSを軽いノリでやってしまうと、トラブルになるのは当たり前のことなのです。

現に、イジメや問題を引き起こす投稿など、トラブルがあとを絶ちません。

それでも持たせるというのなら、内容をいつでもチェックできる状態にしておくべきです。

 

子供のスマホトラブルは親の責任

 

子供のスマホの問題は、大人の責任です。

買い与えているのは大人ですから。

 

例えば、子供が一日に何時間もスマホをしていて、勉強しなくて困るということが起こります。

原因の一つとして、親の行動が大きく影響していることもあるようです。

 

例えば、お母さんがスマホゲームに夢中になり、子供が話しかけて来てもうわのそらで答えるとか、後にしてと言ってしまうとか。

そのような態度は子供はちゃんとインプットしています。

そのような家庭状況の中で、子供にスマホを与えた場合、多分デメリットの方が多くなることが予想されます。

そして、そのような親から子供のスマホに対するモラルが身に付くでしょうか?

 

学校で保護者向けにスマホ講習会があっても、親のことには触れてくれません。

足りない内容だなと思いながら、いつも聞いています。

 

PTAの集まりで一度だけ、親がスマホに没頭しすぎることが問題になっているという話を聞いたことがあります。

その事は、もっと多くの人に聞いてもらうべきなのですが、まだまだ水面下という感じがします。

子供にとやかく言う前に、まず、親の教育が必要です。

親にとって、耳の痛くなる話が必要なのです。

テレビでもそのテーマを取り上げていたのを見たことがありますが、もっと頻繁に耳にする機会があればいいと思います。

 

こんなことを言っている私も、かつてスマホゲームにはまった時期がありました。

スマホゲームが出始めた頃で、LINEで友人からのお誘いが来たのがきっかけでした。

どんなものかと、軽い気持ちで初めたのですが、あっという間にはまってしまいました。

そんな私につられて夫もはまり、そうなると子供達も。

やはりゲームはすごい威力だということが分かったのです。

 

良くない状態になったので、夫婦でキッパリとやめ、それから二度とゲームはしていません。

何も生産性がなく、費やした時間に虚しさを感じるから。

 

どんなものかがよく分かったし、子供達にはさせるべきではないと、我が家では実感しました。

ゲームをやめた方がいいと思っているのにやめられないと、困りながらやっている人達がいます。

これはまさに中毒症状。

このような中毒症状は、若いほど出やすいので、親は子供達をしっかりと守ってあげましょう。

 

親がしっかりと信念を持ち、小学生や中学生には簡単にはスマホを与えないようにするべきだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る