犬種を選ぶときにこだわりたいポイント

ドッグランで偶然ポメラニアン大集合!大きさは様々でした。

こんにちは、nocotoです。

 

犬を飼いたいけど、お金がかかるだろうからと諦めている人がたくさんいるようです。

確かにある程度の費用はかかりますが、犬種の選び方やお世話の仕方によって、抑えられる部分もあります。

今回は費用に関することを中心にお伝えします。

犬種選びの参考になれば幸いです。

 

トリミングが必要ない犬種

実は私、犬を飼う日まで、トリミングの必要がない犬種がいるなんて知りませんでした。

全ての犬が、1ヶ月半~2ヶ月に一度、カットしなくてはいけないのだと思っていました。

 

ポメラニアンを飼っているという、ペットショップの定員さんが、ポメラニアンはトリミングに出さなくていいと言っていました。

Hana✿を飼うための決断ができた、一番の決め手はこのことでした。

自分のカットもそれほど頻繁には行けないのに、犬にカット代をそこまでかけてはいられないというのが本音。

ということで、私がお散歩でよく見かけるワンちゃんで、トリミングが必要ない犬種を挙げてみたいと思います。

 

チワワ…短い毛の「スムースコート」、長い毛の「ロングコート」に分かれますが、共に必要ありません。

フレンチブルドッグ

パピヨン

イタリアングレイハウンド

柴犬

ポメラニアン…汚れやすいお尻の部分だけ自分でカットしています。

 

ざっとこんな感じでしょうか。

しかし、カットの必要ない犬種は、毛がよく抜けるのが普通です。

前回の記事でもお話しましたが、我が家のポメラニアンは年中毛が抜け落ちます。

ポメラニアンと楽しく暮らそう~3つの問題点解決~

 

ポメ友さんとお散歩で会うと、「最近よく抜けるよねー」なんて話しています。

パピヨンを連れたおじいさんの洋服には毛がたくさんついていたり。

柴犬と一緒に寝ているという人は、毎朝布団にたくさん毛がついているとか。

 

柴犬の毛の抜け方が最も激しいように思います。

つまんだらごそっと抜けるのよと言うので、試しにさせてもらったら一気に何十本か抜けちゃいました。

ポメラニアン以上だと思いました。

 

トリミングが必要な犬種

私がお散歩でよく会うワンちゃんで、トリミングの必要な犬種です。

 

トイプードル

シュナウザー

 

トイプードルを2匹飼っているお宅に、何度かお邪魔したのですが、いつも全く毛が落ちていません。

ワンちゃんとくっついても、洋服に毛が全然くっつきません。

他のトイプーちゃんの飼い主さんも、毛は抜けないと言っていました。

 

あるシュナウザーの飼い主さんは、今のワンちゃんが3代目だそうで、これまでもずっとシュナウザーを飼っていたそうです。

理由はズバリ、毛が抜けない犬種だから。

犬を飼う前によく調べ、毛が抜けない犬種ということにこだわってシュナウザーに決定したそうです。

全く抜けないと言っていました。

 

毛が抜けないというのはやっぱりいいなあと思います。

しかし、そういう犬種は抜けない代わりに、どんどん毛は伸びていくので、トリミングが必要になります。

トリミング代は犬種やお店によっても様々ですが、4千円から8千円位かかるようです。

 

毛以外にこだわる部分

体型

体型からも、いろいろ考えることは出てきます。

例えば、ミニチュアダックスフンドのように胴の長い犬種は、腰に負担がかかってヘルニアになる確率が高いそうです。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルのように、耳の垂れ下がった犬種。

スパニエルを見かける時、いつもヘアバンドみたいなものしているので、どうしたのか飼い主さんに尋ねてみました。

耳が垂れ下がっているので、蒸れてしまうそうです。

蒸れると外耳炎を起こす菌が繁殖しやすくなるので、注意が必要だそうです。

 

性格

性格も犬種によって違いがあると、私は感じています。

ドッグランで観察していると、性格が見えてきます。

以下は私自身が感じたことなので、全てのワンちゃんに当てはまるというわけではありません。

 

とっても元気なのは柴犬とコーギー。

犬らしい元気さが可愛いのですが、ちゃんとしつけができていないと大変そうです。

元気すぎて、危険なことが起こらないだろうかと、心配になることも…。

もちろん、おとなしい子もいます。

 

ポメラニアンはマイペースに楽しんでいる様子です。

とっても元気で遊び好きですが、臆病な性格でもあります。

人間や他のワンちゃんに威嚇するようなことは全くありません。

むしろ追いかけられて逃げる方かもしれません。

 

チワワは体は小さいけど、勇敢。

ドッグランでもHana✿は追いかけられてタジタジになったこともあります。

チワワちゃんは遊びたいだけなのでしょうが。

お散歩でも自分より大きな犬に吠える子もいます。

 

以上、性格は様々だと思いますが、どの犬種でも、しっかりしつけができていれば、楽しいペットライフが送れるのだと思っています。

賢くておとなしいと言われている犬種でも、しつけがなっていなければ、可愛がる気持ちにはなれないでしょう。

 

体の大きさ

他には、体の大きさも考えなくてはいけないなあと実感しました。

我が家のポメラニアンは体重が4.9キロあり、ポメの中では大きめです。

3キロで約3,500円のドッグフードが、1ヶ月半でなくなります。

当然、大きな犬ほどたくさん食べるので、食費はかなりの負担になってきます。

 

犬種選びのまとめ

以上のように、犬について研究し、知り始めると、様々な考えるべき要素が出てきます。

なかでも最も考たいのは、費用のことかもしれませんね。

 

費用を抑えることにこだわるなら、チワワ、ポメラニアンあたりがおすすめということになります。

そうでなければ、愛犬のカットした可愛い姿を楽しむのもいいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る