オーストラリアから帰国した高2の息子の話

こんにちは、nocotoです。

 

長男がオーストラリアから帰国しました。

高校の海外研修旅行ということで、約2週間のホームステイ。

現地の高校や大学に通い、英語で理系の授業を受けていたのです。

 

さあ、どんな変化があるでしょうか?

成長しているといいな~と期待しながら、親は待っていたのでした。

 

空港に到着し、最初に来たラインが、「帰国なう」だけ。

う~ん、この辺は全く変化なし。

 

オーストラリアからは一度も連絡をしてきませんでした。

LINEはしなくていい、お土産も買わなくていいと言ってあったので、その通りに。

 

成田空港から自力で電車で帰ってきて、駅までは車で迎えに行きました。

元気よく帰ってきた姿に一安心。

 

機内食で夕飯は食べたけれど、足りなかったらしい。

そうめんが食べたいと。

むしょうに食べたいと。

 

あいにく、そうめんはなかったので、ざるうどんを茹でてあげました。

うどんを見るなり、大喜びでがっつき始めました。

このようなさっぱりしたものは全然食べられなかったそうです。

パサパサしたお米がまずかったと。

他にはポテトやパスタ、中華風のものを作ってもらっていたようです。

 

クラスメイトの他のステイ先では、食事が炭水化物オンリーだったり、お弁当には毎日タコスというご家庭もあったようです。

純粋なオーストラリア人でないステイ先も多く、このような感じになったようです。

そして、お弁当には毎日りんごを丸々一個、持っていくのが普通で、それをまるかじりするんですって。

日本のよりも小ぶりですが、クラスメイトの中には飽きて、食べられないからと、息子がもらったりしていたそうです。

 

驚くことがいろいろあったようで、楽しそうです。

 

まだまだ話は全部聞けていませんが、日本と大きく違っていた事を一つ、話してくれました。

そのことから、とても刺激を受けたのではないでしょうか。

 

オーストラリアでは、高校生くらいになると、将来のことは全て自分で決め、それに向かって行動するそうです。

例えば、息子のステイ先の長男。

高校1年生で、息子よりも一つ年下。

将来は戦闘機のパイロットになると決め、週に一度、そのための学校に通っているそうです。

 

また、学校では、皆がフレンドリーで、気軽に話しかけ合うそう。

知らない人はいないという感じになるそうです。

恋愛に関しても、高校生くらいになれば、結婚を前提としてお付き合いするそうです。

 

この話には驚いてしまいましたが、海外ではきっと当たり前の話で、いつまでも過保護なのは日本くらいなのでしょう。

もっと自分の子供を信頼して、自由に羽ばたかせてやりたいという気持ちになりました。

 

 

夫も言っていましたが、帰国した息子の中に、何か凛々しくなったものを感じました。

最後の2日間はほとんど寝ていないということで、短時間でしたが、経験したことを次々と話していました。

その様子に、充実していたんだなあと嬉しく思ったのでした。


学校はスマホ禁止なのですが、今回の旅行では許可が下りました。

海外旅行に向けてのスマホの準備に関して触れてありますので、よかったらこちらも読んでみてくださいね。

格安スマホに振り回されています!でも海外旅行にはとっても便利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る