ポメラニアンのHana✿を我が家に迎え入れたきっかけのお話

こんにちは、nocoto-styleモデル犬のHana✿です♪
平成27年2月4日生まれ、2才の元気なポメラニアンです▽・。・▽ワン!

こんにちは、nocotoです。
時々、犬を飼おうかどうしようか悩んでいる人から、飼おうと思ったきっかけは?と聞かれることがあります。
だから今日は、ポメラニアンのHana✿を我が家に迎え入れたきっかけのお話を、忘れないうちに綴っておこうと思います。

Hana✿が我が家にやってきたのは、2年前の小学校の春休み最終日のことです。
私と娘達と3人でイオンモールに買い物に出かけていました。
時間があったので、ワンちゃんでも見てみようかと、何となくペットショップに入ったのです。
いつもはスルーしていたのに吸い込まれるように。
娘たちも、珍しくお母さんからペットショップに入って行ったと思っていたそうです。

するとまあ、毛糸玉のようにコロンとした可愛いかわいいクリーム色の子犬が。

私たちが釘付けになっていたら、ショップの定員さんが出してくれて、抱っこさせてくれました。
買う気もないのに悪いなあと思いながらも、せっかくなので。

ちっちゃくてかわいい
丸っこくてかわいい
つぶらな瞳が何とも言えずかわいい

娘達の口からも、どれだけの可愛いが出てきただろうか?
他にも可愛い子犬はたくさんいました。
でもこの子以外には目もくれない私達がいました。


やっぱりモコモコまん丸な感じがたまらない。
娘たちも案の定、飼いたいと。
やっぱりそう来たか。
以前からも犬を飼いたいと言っていたし、当然の流れだなあ…。
私は犬を飼う自信なんてなかったし、気分的に余裕もない。
でも子供達の情操教育には絶対にいいとは分かりきっているし、できれば飼ってやりたい、でも無理。
そんなことを心の中で、何年もずっと繰り返し考えていました。
だからこそ時間に余裕があった今日、ペットショップに入ってしまったのでしょうね。

ガラスケースの中に帰ったクリームポメちゃん&ガラスケースに張り付く娘達。
私も離れたくないけど、まだ買い物があるので娘たちに出ようと言う。
すると、「ここにいるからお母さん、行ってきて」ですって。
見るだけならよかろうと、私一人で買い物へ。

ペットショップに戻ると、相変わらずガラスにぴったり。
どうやら売れてしまわないように見張っていたらしい。
え、営業妨害していなかったでしょうね!?

この子達、今回は手ごわいぞ。
でも娘達のそこまでの様子と、私の前々からのスパイラル的な思いと、何よりこのポメちゃんの可愛さとで、今が買うべきタイミングなのかな、なんて思ってしまったのです。

当時の我が家は、息子は受験生になり、父はいつも寄り添っていた母を亡くしたばかり、夫も仕事三昧で、もう少し抜けた方がいいのでは?という状態でした。
もしかしたら、このポメちゃんが家族全員を癒してくれ、笑顔を引き出してくれるかも!

もし、それらが現実のものとなるならば、それはお金に変えることのできない幸福。
これ以上悩むより、明るい未来を信じようと、私自身決心することができました。
きっと、子犬には人をそこまでにさせてしまう何かがあるのだと思います。
それを感じ取ることができた私はもう、それだけでラッキーなのでしょう。

娘たちには、一度帰ってお父さんとおじいちゃんに相談してみようと話し、やっとのことで連れて帰りました。
もともと動物好きの夫も父も、すぐに理解してくれ、その日に再び夫も一緒にペットショップへ。
夫もその子を見て、やはりこの子が一番かわいいと思ってくれたようです。
満場一致で、めでたく我が家に迎え入れることができました、とさ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • にゃー
    • 2017年 7月 26日

    赤ちゃんの時は、ポメラニアンじゃないみたいですね。私も、ポメラニアンを飼いたくなりました。

    • にゃーさん

      当ブログ初のコメント、ありがとうございます!
      子犬はあまりにも可愛いく、大きくならないでほしいとも思いましたが、今もとっても可愛いです♪
      またブログに遊びに来てくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る