「子育て・家族・友達・仕事」全部を楽しみたい私のプロフィール

子育て中からのバドミントンでそこまでになれるのか!心も体も元気になっている

ママ友とバドミントンサークルを作りました

こんにちは、nocotoです。

 

ママ友たちの熱い姿を見ました!

メッチャ本気のすごい迫力。

日ごろのうっぷんを晴らすかのように打ち込んでくるスマッシュに、滑り込みレシーブ!

ズボンに穴を開けた人多数…。

 

もしバドミントンを一緒にやっていなければ、みんな穏やかな印象で、堅実でコツコツと地道に頑張る主婦というイメージのままだったと思います。

こんなに激情する姿を見ることはなかったでしょう。

 

ここ数年、運動不足解消に、ストレス発散に、そして楽しみたいという思いで練習してきたバドミントン。

ほとんどのメンバーは初心者ですが、今ではゲームを楽しむまでになりました。

私は中学生の時にバドミントン部だったので、体がある程度は覚えていました。

しかし、弱い学校だったので、大した実力はありません。

メンバーの中に、中学、高校とバドミントン部で、県大会に行ったことがあるというママさんがいるのですが、そういう人はやはり今でもキレがあって抜群です。

大人になってからその人よりもうまくなるのは難しいかもしれません。

しかし、運動神経がいい人なら私のことくらいは抜けます。

運動神経のいい人は、大人になってから新しいスポーツを始めても、上達が早く、ハイレベルになれる

 

これまでの軌跡

 

心肺、右腕が鍛えられたのを感じた

メンバーで、バドミントンを始めた頃のことを振り返っていました。

初めての日は、呼吸も追い付かず、肺が痛くなるほどでした。

2回目からはわりと平気になったのです。

肺も運動によって鍛えられたことが分かりました。

心拍数も上がるのできっと心臓も同じことでしょう。

そしてラケットを持つ右手は、夜になると筋肉痛になり、フライパンを持てなくなるほどでしたが、2~3回目からは平気になりました。

 

見ていて面白いゲームができるようになった!

初期の頃は、ゲームもハードに感じていたので、1ゲーム21点先取のところを11点でやっていました。

ゲームがゲームらしくなってきたので、21点先取に変えましたが、変えた当初はしんどいしんどい。

正式な試合はこれを3回連続してやることがあります。

1ゲームが精一杯で、それを連続してやるなんて考えられないと思っていました。

ところが今では、3ゲーム連続でできるようになりました!

レベルも上がり、どこの大会!?と錯角するような素晴らしいゲームをするようになりました。

 

全員が確実に成長を感じられた

最初の頃には考えられなかったことが、徐々にできるようになっているのです。

ちなみに私を含め、メンバーの古株はママさんバド歴7年目に突入しています。

技術的には伸び悩んだりもしますが、体力的には明らかに向上していることに気付き、皆で感心していました。

大人になってから運動面で成長を感じられるなんて、思ってもいなかったので、素直に嬉しいです。

 

運動が人生を活動的に変えてくれる

 

コリがほぐれる

アラフォーになると、体調が悪くなることが多くなったり、体のどこかに痛みがあらわれたりもするでしょう。

私の経験から言いますと、重大な病気でなければ、それはコリであることが多いと思います。

コリがあちこちに、また意外な所にもできてしまうということを発見しました。

それらは、運動することでいつの間にか消えているのです。

 

体内の循環が良くなる

講演会で、体の中の「流れ」が悪くなったり逆流したりすると痛みが発生するというお話を聞いたことがあります。

運動して汗をかくと、体が温まって血液が良く流れるのを感じますよね。

気持ちもスッキリできるし、体も柔軟になった感じがして、運動した後は勢いよく家事をこなしたりできます。

ただ、疲れすぎると動けなくなってしまうので注意が必要ですが。

 

運動は、怪我さえしなければいいことだらけ

運動で改善されることもあるし、運動を通して自分の成長を感じられると、希望が持てます。

成長が感じられると次回の運動が楽しみになり、生活にも張りが出てきます。

YouTubeを見て、バドミントンを研究し始めたメンバーもいます。

ウォーキングでも何でもいいので、是非運動を始めてみましょう。

きっと新しい自分を発見できます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください