「子育て・家族・友達・仕事」全部を楽しみたい私のブログ

食べてみまっし まつやのとり野菜みそ鍋 しめにはうどん!

やみつき間違いなしの金沢の鍋料理。

こんにちは、nocotoです。

やみつきになること間違いなしの、極めて中毒性の高い!鍋料理をご紹介します。

全国の皆さんに食べてもらいたい、まつやのとり野菜みそ鍋

私の出身地、金沢の郷土料理である「とり野菜みそ鍋」。

私は子供の頃からずっと「とり野菜」と呼んでいます。
手軽でとってもとっても美味しく、家族皆が大好きです!
我が家の鍋料理は80%がこれ。

子供の頃、お店に何度か食べに行ったことはありますが、中身はよく覚えていません。
そこで、私の実家の定番を伝授したいと思います。
多分お店のレシピを参考にしていたのだろうと思いますが。

味噌の量は、家族4~5人分で1袋が少し余るくらい。
味噌は余ったら後日、スティック野菜のソースとして使うのもおすすめです。
もちろん、味噌汁に使うのもよし。

nocoto流、究極レシピはこれ!

さて、家族5人分(大人2人、子供3人(小・中・高校生))の材料です。

水900cc
まつやのとり野菜みそ4/5袋
鶏もも肉500g
豚バラ肉300g
白菜4/1カット
もやし2袋
にんじん1本を千切り
ゆでうどん4人分

以上です!
野菜の種類が少なく感じるかもしれませんが、これでいいんです。
というか、これ以上入れないのがいいです!

きのこや豆腐などを入れて試したことはあります。
それはそれで美味しいけれど、味噌のキレがなくなってしまいます。
まつやのとり野菜みそに関しては、キレのある味噌の味を、まろやかにしない方がいいと思います。

というこだわりによって、野菜は3種類でオッケー!
経済的かつ、十分満足できますよ♪

みそに関する裏ワザはこちらで紹介しています。
「とり野菜みそ鍋」が食べたいけど、まつやのとり野菜みそがない時の裏ワザ

調理の手順

さあ、材料投入です。

1クール目

味噌を3/5袋ほどお湯に溶かし、肉を入れ、お好みのタイミングで野菜を入れます。
野菜は似すぎず、シャキシャキと食べるのがお薦め。


2クール目

残りの味噌(約1/5袋)を、味加減を見ながら足し、肉、野菜を入れる。


そして最後のお楽しみです。

しめはうどんに限る!ですね。

ピリ辛のとり野菜みそもあります

ピリ辛は大人向きですが、とても美味しいです。
こちらは逆にきのこ類など色々な具材を入れ、まろみを出してもいいかもしれません。
こちらの鍋の方が、自由度が高いと思います。
ピリ辛の場合、しめにはラーメンもお薦めです!

ピリ辛の味噌は、子供が生まれてからは、ほとんど食べられていません。
でもそろそろ食べてみようかな。

楽で経済的で美味しいかんたん鍋、多くの人に味わってもらいたいです。

簡単やし美味しいし、食べてみまっし~~♪

 

Amazon
レギュラータイプ↓

まつや とり野菜味噌 200g×4袋

新品価格
¥1,200から
(2017/11/24 13:32時点)


ピリ辛も食べてみたい人はこちら↓

まつや とり野菜みそ200g 4袋セット (レギュラー2+ピリ辛2)

新品価格
¥1,287から
(2017/11/24 13:30時点)


3人家族ならぎりぎり2回分といったところです。

まつや とり野菜みそ 340g

新品価格
¥593から
(2017/11/24 13:29時点)


ピリ辛のお試しにはいいかも♪

まつや ピリ辛とり野菜みそ 340g

新品価格
¥593から
(2017/11/24 13:29時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください