家族のOSがバージョンアップしたら、自分というアプリも更新しよう

こんにちは、nocotoです。

 

夫婦間、家族間で、行き詰まりを感じることは誰しもあることだと思います。

なぜゴタゴタが起こるのか?

それは「こうあってほしい」という希望や、「こうあるべきだ」というこだわりがあるから。

人には少なからず理想があるもので、追い求めてしまうもの。

自分一人に対してなら、とことん実践すればいいのですが、家族という集合体になっては、なかなか難しいもの。

家族といえども、それぞれの個性があり、全く同じようにというわけにはい行きません。

 

コンピュータと同じように家族にもOSは存在する

 

例えばスマホ。

何年か使っている人は経験があるでしょうが、たまにOSのバージョンアップをしなければなりません。

それにあわせてアプリも順次、更新していきます。

両方のバージョンを同じようにアップしていかないと、不具合が生じることがあります。

また、バージョンアップすれば最新のアプリも使えるようになります。

OSもアプリも、バージョンは同じように新しくしていかなければなりません。

 

それと同じで、家族もシステムとして見ることができます。

家族というシステムは変化していくもの。

家族一人一人はアプリであり、システムと同様に更新していかねばなりません。

 

子供がいれば、子供たちは大きくなり、それぞれの個性が育ちます。

親達は、目まぐるしく変化する世の中に対応していき、また、子供の成長と共にライフスタイルが変化していきます。

嫁姑の間でも、年齢を重ねるごとに、関係性の顕著な変化が現れます。

家族をうまく続けていきたいなら、個々というアプリを更新していく必要があります。

 

そのことに気付けば、家族が未来に向かってサクサクと動いていけるのです。

逆に、そのことに気付かなければ故障、すなわち離婚や家族崩壊ということが起こりうるのです。

 

歯車が合わなくなったら、こだわっている部分を見直そう

 

今現在、家族に対して不満はありますか?

「どうしてああなの!?」

「どうしてこうしてくれないの!?」

夫婦間でよくあるのが、価値観のすれ違い。

親子感では、子供が親の思い通りにならない、親が子供に自分の価値観を押しつけてくる。

嫁姑では世代の違いによる、考え方の違い。

 

これらの違いは、もともとの性格にもよりますが、時代の変化によって発生するものも多いと思います。

家族皆がそれぞれにバージョンアップしていかないと、ひずみが生じるのです。

 

違いは出てきて当たり前という意識を、常に持ち続けるべきです。

価値観の違いを、相手に対して間違ったものという風にとらえてしまうと、歯車はギシギシと音をたてます。

ところが、そのような違いや家族一人一人の個性を認め、尊重してあげると、とたんにスムーズに歯車が噛み合うようになります。

皆の気持ちが楽になり、自分らしくいきいきと生きていけるのです。

 

家族のOSが変化する時、自分というアプリも随時、更新していきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る