初めに私のプロフィールをお読みください

子育て中の主婦がハンドメイドで稼ぐことは可能なの?

子育てしながらのハンドメイドはどこまで頑張る?

こんにちは、nocotoです。

近年、ネットショップを運営する個人が爆発的に増えている中、ハンドメイドのジャンルも大人気となっています。

ハンドメイドが大好きな、あらゆる年齢層の方が始めているようです。

赤ちゃんや未就園児のお世話をしながら頑張っている主婦の方も多く、関心してしまいます。

 

小さい子を育てながらというのは、時間的にも体力的にも、難しいのは確かだと思います。

ハンドメイドを続けたいけど、皆さんどうやって時間を作っているの?

と悩んでいる方も多いようです。

 

稼ぎたい目標金額や環境にもよるとは思いますが、子育てしながらハンドメイドはできるのかどうか、ということについて考えてみたいと思います。

ここでは条件を限定しますね。

核家族で、近所に頼る親や親せきがいない場合にしましょう。

趣味なのか、ビジネスなのか

まず私の考えを言ってしまいますと、趣味のハンドメイドならできる、ビジネスとしてのハンドメイドは難しい、です。

もっと言いますと、ビジネスとしてのハンドメイドを、今は無理に目指さなくてもいいという考えです。

 

ビジネスレベルというのも、人によって基準は違うと思います。

ここでは仮に、月の売上げ10万円を目指すとします。

製作時間を考える

10万円という金額の場合、一商品の単価によって、20個程度で達成する人もいれば、100個売り上げなければならない人もいます。

一見、20個の方が楽に感じるかもしれませんが、単価が高い商品は、技法もそれなりに複雑になり、製作時間が何時間、何日とかかる場合も多いです。

一方、単価が安くても短時間でどんどん作れる商品なら、そちらの方が稼ぎやすい場合もあります。

いずれの場合にせよ、問題となるのは集客です。

集客の為の時間も確保できる?

集客ができなければ、20個であろうが100個であろうが売ることはできません。

製作の時間以外に、集客の為の時間も取れるのかということが問題となります。

集客方法にもいくつかあります。

SNS
ブログ
広告
ライブ

SNSはフォロワーを増やしながら拡散力に期待したいところですが、その為のテクニックをじっくり学び、トライアンドエラーしていく必要があります。

ビジネスとしてSNSのみで集客する場合、一日一投稿では全然足りません。

投稿かつ、見込み客とコミュニケーションを取りながらやっていかないと、フォロワーは増えにくいです。

 

ブログはやがて資産となり、勝手に働いて集客してくれることが見込めますが、多くの人に見られるには、早くても半年〜一年はかかります。

しかもSEOのテクニックが必要です。

ブログは一記事書く為に、初心者のうちは3〜4時間、あるいはもっとかかるでしょうから、かなりの根気と時間が必要になります。

 

これらの方法は無料でできる集客方法ということになります(ブログは経費がかかる場合もある)。

無料で行う集客には、膨大な時間と労力がかかります。

時間的に余裕がある人でも、集客に繋げることができず、悩んでいる方がほとんどだと言っていいでしょう。

 

最近、新しく出てきた集客方法として、作家自らがライバーとなって商品を紹介するといったものが挙げられます。

ライブで一気に売り上げる人が増えているようです。

こちらも有名になるには積み重ねが必要だったり、チームを作ってうまく波に乗って行く必要があります。

 

簡単な説明でしたが、少しは想像がついたでしょうか?

要するに、集客も製作と同じくらい頑張る必要があるということです。

製作も集客も、全て自分でやるとなると、子育ての為の時間は無くなるでしょう。

 

いや、私は何としてもハンドメイドでビジネスがしたい!

という方もいらっしゃると思います。

方法はなきにしもあらずです。

外注化を取り入れたハンドメイド販売

ハンドメイド販売の過程において、自分でなくてもできる部分はあると思います。

例えば製作、写真撮影など。

また、SNS集客をじっくりやる時間もないでしょうから、集客を広告で手早くやってしまうという方法は、かなりお勧めです。

手放せる部分はどんどん人にお願いし、なるべく仕事を手放すという方法です。

 

コンスタントにビジネスを続けて行くためには、ハンドメイドに限らす、どんなビジネスでも一人きりではほぼ無理だと言えます。

それは、子育て中であってもなくても同じです。

成功している人の多くは、かなりの部分を外注化しています。

 

ハンドメイド販売はもともと、やることがあり過ぎるビジネス。

デザイン、製作、写真撮影、集客、、、

 

時間に余裕のある方でも、売れるのは難しい状況です。

作家さんが爆発的に増えており、ライバルが多すぎるから。

小さい子供がいては、時間的にかなり不利であると言えます。

 

外注化をうまく取り入れ、時間に余裕が持てるハンドメイドならは、何とか成り立たせることができるかもしれません。

しかし私の個人的な考えに基づきますと、できると思いますなどという言葉は、簡単には使えません…。

子育てとハンドメイド ~後悔したくない~

私は3人の子供を育ててきましたが、3人もいると時間的にも体力的にも全く余裕がありませんでした。

私が小さい子供を育てていた頃は、今とは時代が随分と違うので、ハンドメイド販売やネットショップを構えようなどとは、思いもしませんでした。

今はハンドメイドのマーケットプレイスやBASE、STORESなどですぐに出品できるので、趣味程度なら十分に楽しめると思います。

 

ビジネスとなると注意していただきたいのは、子育ては簡単なものだと思わないで欲しいということ。

子供とはできるだけたくさんの会話し、愛情をたっぷり注いであげてほしいと思います。

ハンドメイドに夢中になりすぎて、周りが見えなくなる人もたまにはいます。

子供が小さくて可愛い期間は、思い切り子供に集中してあげるのもいいと思います。

子供に集中してあげられれば、何年か経った時に、母親としての充実感を感じることができるでしょう。

逆に、あまり構ってあげられなかったら、思い出すととても寂しくなったりもします。

私の場合、3人目の時はただただ余裕がなく、抱っこしたり会話したりという時間がとても少なかったと感じています。

それを時々思い出すと、とてつもなく寂しく感じてしますのです。

 

ハンドメイドは後でもできます。

だっこできるのは今だけです。

 

世の中にはスーパー主婦がいて、素晴らしい勢いで子育ても仕事も、要領よくやりこなしてしまう方もおられるのでしょう。

「子育てしながらハンドメイドをする時間の作り方」のような、前向きなサイトはたくさんあります。

どうしてもビジネスとして挑戦したい、体力、行動力のある方は、そちらを参考にしてみてください。

くれぐれもお体をお大事に頑張ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください