「子育て・家族・友達・仕事」全部を楽しみたい私のプロフィールはこちらから

子供達の未来は?いろいろな講演会に参加してみての感想

子供には自分で問題解決ができる力を養ってあげたい

こんにちは、nocotoです。

最近、興味があるセミナーや講演会があれば、積極的に参加するようにしています。

「人とロボット・AIの共存」といったテーマが、最近の講演会では人気のようです。

何ヵ月か前にも息子の高校主催の講演会で、似たようなテーマのお話を聞きました。

それがあまりにも素晴らしく、お母さん達も大絶賛、拍手喝采でした!

これからの時代に必要なマインドを学ぶことができました。

これからどういう時代になる?

昨日参加した、富田直美氏(ハウステンボスCEO(最高技術責任者))の講演会もとても面白く、胸が熱くなることもしばしばでした。

これからの企業のあり方を大きく変えなければならないことや、学校教育も大きく改革しなくてはならないというお話がありました。

 

企業は小さな組織の集合体にして、小回りがきくようにするべきだというお話がありました。

今の大組織では対応が遅すぎるから。

 

学校教育は変えたくてもなかなか変えられないそうです。

とりあえずは2020年に大学入試制度が変わるけれど、これからの時代を生きていくのに見あった教育にはまだほど遠いそうです。

 

これからは自分で問題を提起し、解決していく、そしてだめならまた次の方法、ということができるような、バイタリティーを身につける為の教育が必要なのです。

残念ながら今の学校教育は暗記中心の、与えられたものをこなすような、時代にそぐわないものなのです。

海外の学校のように、偏差値教育を一刻も早くとっぱらい、学びたいことを思い切り学べるような学校にするべきなのです。

もちろん、アクティブラーニングを取り入れるなど、とても力を入れている私立の学校はあります。

そして公立の小学校、中学校でも、昔に比べれば、カリキュラムがかなり変化しているのは見受けられます。

しかし、まず高校の受験制度も大きく変えてしまわないと、子供達にバイタリティを身につけようというのも難しい話です。

 

ここでこんなことを言っていても何も変えられないし、以前に参加した講演会で、東大の教授も入試制度はゆっくりゆっくりでないと変えられないとおっしゃっていました。

急に変えると今まで勉強してきたことの意味がなくなるから難しいと、諦め口調でした。

ということは、せめて親だけでも、子供をバイタリティーのある人間に育てようと、意識しなければならないということです。

時代は急速に変化するけど、学校教育はついて行かない。

他人任せでは取り残されてしまうのではないかという恐怖を感じました。

 

で、結局は何が大事なの?

ロボットやAIはどうした?

次回にお伝えします。

>>あなたの一番大切な人はだれ?と聞かれた時に答えるべき回答

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください