「ドッグハイジニスト」というお仕事を初めて知りました

こんにちは、nocotoです。

犬の歯についてのお話ですが、人間にも当てはまることがあるので、皆さんに読んでいただきたいと思います。

先日、友人の紹介でドッグハイジニストという、犬の歯科衛生士さんに我が家に来てもらいました。
まだ見習いの二人の女性です。
今はひたすら経験を積み、様々な犬種をこなす必要があり、練習ということで東京からお越しいただきました。

 

ドッグハイジニストというお仕事を知って

犬も歯石を取らなくてはいけないということは知っていましたが、それ専門のお仕事があったのですね。
ドッグハイジニストさんたちのお仕事は、麻酔をしないで、電動器具も使わず、手作業で歯石を除去するというものです。
何も知らない私は「ふーん、そうなんだあ」くらいに聞いていました。
ところがそれは、実はすごいことだと後で分かったのです。

動物病院でも歯石取りはやってくれますが、全身麻酔で、電動器具を使うそうです。
全身麻酔だとワンちゃんの体にかなり負担がかかり、危険な目に会うことも。
電動器具で歯茎が傷ついてしまい、そこからバイ菌や歯石が入り込んでしまって歯肉炎を起こしてしまうという、本末転倒なことも起こりうるんですって。

なるほどなるほど、手作業の方が良さそう。

ですがHana✿が日頃からお世話になっている動物病院のブログを見てみると、
「無麻酔で歯石をとることもできるけど、歯周ポケットの歯石をとるには麻酔下での超音波の器械による処置が必要。これらは医療行為なので、しっかりとした動物病院で治療しましょう」
ということが書かれていました。
費用が気になりますが、一般的な相場は2万円~5万円のようです。
ちなみに、今回のドッグハイジにストさんの先生のサロンでは、初回が1万5千円、半年以内の再来店では、かなりの割引になるそうです。
確か7千いくらと言っていたと思うのですが、うろ覚えですみません。

とにかく、ひどくなる前にこまめに除去してあげなきゃ。

やはりお二人とも、犬を飼った経験はありでした。
ご自分の愛犬が9才で歯が抜けた姿を見て、ショックを受けたそうです。
歯石除去の施術を見て、感動し、やってみたいとお仕事にする決心をしたとのことでした。

Hana✿の歯が抜けたところを初めて想像…。
一瞬にして闇が心の中に広がり、ケアしてあげなきゃという焦りが出てきました。

 

歯石がたまるとなぜいけないのか

犬は人間に比べると虫歯になりにくいそうです!
と聞いて、「じゃあ、無理に歯石を取らなくても?」なんて無知な私はまたそんなことを思ってしまったのです。
歯石がどんどんたまると歯茎を押し上げ、歯肉炎、歯周病となり、歯が抜けてしまうそうです。

取らなきゃ取らなきゃ、私が浅はかでした。

歯周病になり、いったん歯がぐらついてしまうと、もとには戻らないので抜くしかありません。
口の中にバイ菌が繁殖し、それを食べてしまうということで、体にも良くないそうです。
そういえばこの話はテレビで聞いたことがあります。
犬ではなく、人間の歯周病の番組で。
私もそろそろ歯石除去に行かなきゃ。
皆様もそうぞお気をつけくださいね。

嬉しいことに、ワンちゃんの歯石を除去してあげると、嘘みたいに口臭がなくなるそうです!
Hana✿はまだそれほど気になりませんが、たまに臭う時があります。

口臭の気になる人間の大人がいますが、歯石がたまり、バイ菌が繁殖しているのでしょうね。
きっと歯周病も始まっているのでしょう。

さて、Hana✿の歯石はどうなったか?
それは次回、お話します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る