マイホームを建てる時に見落としがちなお金のこと

こんにちは、nocotoです。

マイホームを構えてはや15年。
マイホームとは言っても、親の土地に建てさせてもらっているのですが。
家を建てるまでのお話もよかったらお読みください。
二世帯住宅を建てるまでのお話

15年前と今とでは、生活が激変。
お金のかかり方も激変しました!

何か変わったか?

家族構成

15年前は夫の両親、私たち夫婦と1才の長男の計5人でした。
現在は母は他界し、父と、私たち夫婦と一男二女の計6人。
父の世帯は一人になってしまったけど、子供達がおじいちゃんにおかずを持って行ってくれるとか、逆に、おじいちゃんにアイスもらってくるねー♪とか、賑やかにやっています。

子供達の成長に伴い、お金のかかり方は常に上昇気流

まず入園で月に約3万かかるようになります。
これ以外にも制服代や集金があります。
第二子が2年違いだと、一年間は重なり、金額も倍なんてことに。

小学校に上がると、月々の引き落としは給食代の4千円弱になり、幼稚園に比べると負担が少なくなります。
しかし、教材費等の集金は結構かさんできます。

また、習い事を始める子がほとんど。
最近の子はいくつも掛け持ちしています。
もれなく我が家もですが。
幼稚園代だった分を習い事に当てている感じです。
習い事に関しては過去の記事で長々と綴ってありますので、興味があればどうぞお読みください。
子供の習い事、一体何をさせればいいの!?
長女の習い事~文化編~
長女の習い事~運動編~

そして、ここからがかなり見落としがちで痛いところです。
中学生になると、多くの子は塾に通います。
通わす気がなくても、成績が思うように取れないと、やはり通わさざるを得なくなるようです。
いろいろなタイプの塾があり、年間10万円~100万円前後くらいまででしょうか。

我が長男は公立中学校に通い、塾代が中2で38万円、中3で75万円もかかりました!
ローンを組む時に、塾代などは想像していませんでした。
子供が何人生まれるかも分からないし…。

大人は老朽化し、メンテナンス代がかかるようになる

悲しいけど、これも避けて通れない道ではないでしょうか。
若いうちからよほど気を付けていれば、ある程度は防げるのでしょうが。
差し歯やインプラント、血圧も少し高くなってきたりとか、どこか痛めたりとか。
子供もだけど毎年の花粉症とかも。

子供に関しては眼鏡代や矯正治療費!
我が家では長男と長女が矯正治療を受けています。
初期費用に30万円以上はかかります。
今や8割の子が治療が必要と言われているそうです。

矯正治療は子供のみならず、ママ友でも何人か始めた人がいました。
見た目がずっと気になっていたり、噛み合せの問題があったりと。

医療費の為の余裕も絶対に確保しておくべきです。

最も莫大なのは家のメンテナンス代

去年、我が家は14年目でリフォームしました。
屋上とベランダの防水工事、そして外壁塗装も同時にやりました。
これに関しては失敗談なども、ガーデニングは気を付けよう、雨漏り注意報!に書いてありますので、是非読んでいただきたいです。

終の棲家となる場合は、リフォムが一度ならずニ度、三度と必要になります。
費用に関しては、住宅メーカーに依頼するのか、工務店等に依頼するのかで随分と変わるらしいです。
他にも金額が大きく変わってくる要素があります。
家の構造や、大きさはもちろん、同じくらいの大きさだとしても、2階建てか3階建てかということでも変わってきます。
足場を組むのに、高くなれば高くなるほど金額も上昇。

そして!お隣との間隔が狭ければ、足場を組むのに狭小地代も加算されます。
我が家は外壁とお隣のアパートのベランダとの距離が1メートルもないくらいで、加算の対象に。

足場に関する法律が厳しくなり、より安全性の高いものになったので、足場代が前年の1.5倍になったと言っていました。
ということは分譲マンションでも修繕費が上がることが予想できると思います。

31坪の土地に、積水ハウスの3階建て二世帯住宅の我が家。
10年点検の時に、いつかリフォームすることになったらいくらかかるか尋ねてみたところ、ざっと見積もって400~500万円だと。
絶句…。
建てる時に、リフォームは必要になるとは分かっていたけど、金額までは全然考えていませんでした。
いや、勝手にその半分位に思っていたかもしれません。
しかし、いよいよその時が来て、おまけもしていただきながらも、結局かかった費用は650万円!
父にも負担してもらったのでまだ良かったのですが。

これで20年は持つだろうとのことですが、気候が厳しくなるとまた状況が変わりそうな気がします。
とりあえずもう、我が家では屋上でのガーデニングは禁止です。
ガーデニングは気を付けよう、雨漏り注意報!

ですが、小さめの木造2階建てに住んでいる友人は、知り合いの工務店で屋根と外壁塗装をしてもらったら100万円もしなかったと言っていました。
多分10年後にはまたやらなくてはならないのでしょうが。

同じくもう少し大きめの木造2階建てのお宅は、30年持つと言われている塗料でやってもらったら300万円だったと。

リフォームのやり方もいろいろあるということも頭に入れておくといいと思います。

15年間でかかったその他の大きな費用

給湯器30万円
冷蔵庫20万円
エアコン10万円
テレビやビデオデッキは買い換えや買い足しで20万円
その他、万単位で家電や水回り関係の修理代がいくつか。
食費は当時の2倍以上に膨れ上がっています。
エンゲル係数についても見落としがちなので、注意が必要なのです。

思いついたものは以上になります。
これからマイホームを購入される人の参考になればという思いを込めて書きました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る