初めに私のプロフィールをお読みください

母が変形性膝関節症になった!辛すぎる症状とは…

母の膝の痛みを思うと、いたたまれません。

こんにちは、nocotoです。

高齢になると、多くの方が痛みと付き合いながら、頑張って過ごしていらっしゃるのだと思います。

母はその痛みが膝に来てしまいました。

どの部分が痛くても辛いものですが、それが膝に来てしまうと、生活ががらりと変わってしまいます。

変形性膝関節症の症状

母には、10年以上も前から、膝の痛みはあったと思います。

病院に通い、膝にたまった水を抜いてもらったり、注射で痛みを和らげたり、苦労していました。

もちろん、正座もできません。

しかし、歩けてはいたし、旅行などにも行っていました。

ところが、ここ2年ほどの間に、症状が急に悪くなりました。

きっかけはどうやら引っ越しのようてす。

母はマンション暮らし。

同じマンションの、違う部屋に引っ越しました。

自分で荷物をせっせと運び、膝に負担がかかってしまったらしいのです。

それからはどんどん悪くなりました。

引っ越すまでは、歩けていたのが救いだったのに、それすらもままならなくなりました。

激痛

膝変形関節症の症状で、最も辛いのは痛みでしょう。

初期の頃は、「いたたっ」て感じだったのですが、重症になると、見ていられないほど辛そうでした。

しばらく座っていた後、立つ時に激痛が走るのです。

朝、起き上がる時も、なかなか立ち上がれないと言っていました。

長時間歩けない

初期の頃は、階段を降りる時は痛いけれど、普通に歩くのは大丈夫でした。

また、長時間歩けると言っていました。

だから旅行だって行っていたし、重い荷物をコロコロしながらも、新幹線で我が家に遊びに来てくれていました。

ところが、マンションの部屋を引っ越したのを機に、痛みがひどくなりました。

そこからは、せいぜい15分くらいしか歩けなくなったのです…。

おそらく、その15分さえも、辛かったのではないでしょうか。

もちろん、この状態では旅行にも行けません。

私達子供も、親戚の叔母たちも、皆で母の足を心配するようになりました。

オー脚

私も感じていたのですが、親戚の叔母達にも、オー脚がひどくなったわよ!と言われるように…。

皆で心配する状態になっていました。

ちなみに、叔母の一人は10年くらい前に、片足だけ膝の人工関節の手術を受けました。

時々むくんだりはするみたいですが、痛みがなくなり、あちこち元気に旅行にも行っています。

 

母の足全体が丸くなってしまい、これがどこまで酷くなるのだろうと考えるのも、恐ろしいことでした。

とにかく母は、この状態では近い将来、きっと歩けなくなる。

母も、このままでは嫌だ、友達とお出かけしたいという気持ちが強く、手術を決意しました。

私もするべきだと思ったので、話は早くまとまりました。

女性、強しです。

 

続きもお読みください。

変形性膝関節症の手術に75才の母が挑んだ!経過良好♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください