初めに私のプロフィールをお読みください

戸建てを買う時は、外壁リフォームの費用も視野に入れておこう

家を購入する時は、リフォームのことも忘れてはいけません。

こんにちは、nocotoです。

家を購入後、早ければ10年後、持って20年後には、外壁リフォームをしなければなりません。

何百万円とかかるリフォーム費用のことは、家の購入時から計画に組み込んでおくべきです。

リフォームにもいろいろあり、家の買い方によっては、費用を抑えることもできます。

リフォームの金額が大きく変わる要素

2階建てか3階建てかで、足場代は変わります。

リフォームの金額は、様々な要素によって、大きく変わります。

足場代が、前年の1.5倍になったと聞きました。

足場に関する法律が厳しくなり、より安全性の高いものになったのです。

ということは、分譲マンションでも修繕費が上がることが、予想できると思います。

高さで変わる

家の構造や、大きさはもちろん、2階建てか3階建てかということでも変わってきます。

足場を組むのに、家の高さが、高くなれば高くなるほど金額も上昇するのです。

狭小地かどうかで変わる

そしてこんなことも影響します!

お隣との間隔が狭ければ、足場を組むのに狭小地代も加算されます

我が家の外壁と、お隣のアパートのベランダとの距離が、1メートルもないくらい。

狭小地の加算の対象となりました。

大手住宅メーカーは高い!?

31坪の土地に、積水ハウスの3階建て二世帯住宅の我が家。

10年点検の時に、いつかリフォームすることになったら、いくらかかるか尋ねてみたところ、ざっと見積もって400~500万円だと。

絶句…。

建てる時に、リフォームは必要になるとは分かっていたけど、金額までは全然考えていませんでした。

いや、勝手にその半分位に思っていたかもしれません。

しかし、いよいよその時が来て、おまけもしていただきながらも、結局かかった費用は650万円!

これには屋上の防水工事も含まれているからなのですが。

父にも負担してもらったので、まだ良かったです。

これで20年は持つだろうとのことですが、気候が厳しくなると、また状況が変わりそうな気がします。

とりあえずもう、我が家では屋上でのガーデニングは禁止です。

雨漏りの原因は屋上のガーデニングだった!防水シートが破れていた!

 

一方、小さめの木造2階建てに住んでいる友人のところは、100万円もしなかったと言っていました。

知り合いの工務店で、屋根も外壁塗装もしてもらってですよ!

お友達価格とはいえ、家の大きさと高さとで、かなり違いが出るということは明らかです。

 

そしてもう一軒。

もう少し大きめの木造2階建てのお宅は、大手住宅メーカーで、30年持つと言われている塗料で、工事してもらいました。

300万円だったそうです。

塗料によっても違いますね。

工事の金額が安ければいいの?

大手住宅メーカーは、工事代金がかなりのものになりますが、保証がしっかりしています。

雨漏りの原因は屋上のガーデニングだった!防水シートが破れていた!

↑この記事を読んでいただければ驚くと思いますが、雨漏りすると、かなり大変なことになります。

そんな時に、積水ハウスは無料で丁寧に、何度も対応してくれました。

この安心感は持っていたいなと感じています。

ですから、工事代金が安ければいいということは、一概には言えません。

購入が無理だと判断したら

以上を踏まえ、ローンを組む時は、無理のないように計画しなくてはなりません。

これから子供を考える場合も、無計画では大変なことになります。

もし、マイホーム購入が難しいと判断した場合には、賃貸でもいいと思います。

生活の変化に合わせて、フローに動けるというのも、とても魅力的だと思います。

賃貸であれば、修繕費も固定資産税も払わなくてもいいのは大きいです!

トータルの出費は、購入するよりも、かなり抑えられるかもしれません。

何年生きるかということもありますが…。

家族の人数に合わせて、見合った大きさの所に引っ越すことができますし、うまく節約できるのではないでしょうか。

 

その他、家を買う時に考えておきたい費用の記事も、あわせてお読みください。

家を買う時に、シュミレーションしきれない費用のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください