初めに私のプロフィールをお読みください

nocotoのプロフィールを読み、信念を知ってください

高山植物たちがnocoto-styleを飾ります

初めまして、nocoto-style運営者のnocoto(のこと)です。

私に興味を持ってくださり、そしてこちらのページにお越しいただき、ありがとうございます。

私は埼玉県に住んでいます。

家族構成は、夫・高3㊚・中2㊛・小5㊛・愛犬ポメラニアンのHana✿

そして夫の父と一緒に、玄関だけ共同の二世帯住宅で暮らしています。

私を鍛えてくれた義母は、2015年に他界しました。

 

大学卒業後、金融機関で年金アドバイザーを3年間、努めました。

本当は長く勤めたかったのですが、遠方に嫁ぐことになったので、やむなく退職。

たった3年間ではありましたが、様々なジャンルの仕事もさせてもらえ、辞めるのがもったいなく感じていました。

結婚後は、約14年間という長い専業主婦期間。

独身時代は、専業主婦にはなりたくない!と思っていました。

しかし、いざ子育てや介護で忙しくなると、働きになんて行きたくないという考えに、180度変わっていました。

 

やがて、夫から、独立したいという相談が…。

結婚前は、全く予想もしなかったことです。

かなり不安でした。

どうしようかと悩んでいるうちに、起業することが楽しそうだし、やりがいもありそうだと思うようになりました。

夫婦で会社経営をすることに決心がつき、2012年に起業。

私は経理を担当することに。

業種はコミュニケーションを主軸とするコンサルティング業。

 

2016年、何か新しいことを始めたくなり、どうせやるなら、少しお小遣い稼ぎにもなればいいなと、ブログを開始。

以前はコミュニケーションが中心のブログでした。

ブログを充実させたいという思いから、コミュニケーションについて学びたいと思うようになりました。

そこで2018年、コミュニケーション論が中心の、ソーシャルマナーの資格を取得しました。

 

現在は、私と同じような境遇の、長く専業主婦を頑張ってきた人たちに、ブログ構築のお手伝いができるような内容に、方向転換しています。

 

それでは、私の生活の様子をお話させていただきますね。

我が家の家族は皆、明るく元気で、いつも笑いが飛び交っています。子供達3人は兄姉同士でとても仲がよく、見ていて微笑ましいです。
・思いやりがあり、子供のお手本に相応しい夫
・素直に育っている子供達
・ポメラニアンと楽しく愛情たっぷりの生活
長い専業主婦の期間を経て、今は自分に合った働き方ができていると思います。
・自由な時間に自宅で仕事ができる。
・子供が学校から帰って来る時に、家にいてあげられる。夏休みや冬休みも子供と自由に出かけられる。
・自分を見つめ、勉強する時間があり、新しいことにチャレンジできる。

そばに助け合える友人がいて、いつも感謝の気持ちで一杯です!

・ママ友と協力し合って子供の世話ができる。

・近所の友人は気軽に話せる機会も多く、楽しいお喋りのおかげでモチベーションが上がる。

いくつかの趣味を楽しむことで、こまめにリフレッシュできています。
・運動は私の人生で優先度が高く、ママ友と定期的にバドミントンやテニスをしている。
・家族でランニング。
・家族の協力のおかげで、コンサートで熱狂&アンチエイジング♪
家族皆が安心して暮らせる二世帯住宅に住んでいます。
・付かず離れずの距離で、夫の親とはいい関係を保てている。
・義母の闘病生活中は側でサポートしてあげることができてよかった。

いいことばかり並べてみましたが、もちろん子育てには、てんやわんやな時もありますし、対応が上手くできず、落ち込むこともしばしばありました

一人目の子供が小さい時は、ママ友を作るのって難しいと悩んだこともありました

家族の状況が変化するにつれ、自分の考え方を変えていくことも必要だということに気付きました。

結婚生活に、絶対に必要なものもよく分かりました。

思い出せば、過去には悩み、苦しんできたことがたくさんありました。

しかし、私は投げ出すことなく、根気よく乗り越えてきました

今では私が私らしくいられる穏やかな日々を過ごしています。

一見すると、ささやかで「普通」な日常かもしれません。

ですが、私が子供の頃から望んでいた人生の延長線上に、今があります。

なぜ、私がそのような人生観に至ったのかを知っていただくと、このブログの趣旨が分かりやすいと思います。

そのためにも、是非、以下の自己紹介を読んでみてください。

私が私らしくいられる理由

私は幼い頃から、ごくごく普通の大人、結婚して子どもがいて、普通に暮らしている大人になりたいと願う、ごくごくフツーの子供でした。

真面目で、人の話を素直に聞くタイプの子だったので、目の前のやるべきことにはコツコツと取り組んできました。

私が考える「普通のこと」の定義

普通、普通と言っていると、「なんだ、普通かあ」とつまらなく思ってしまいがちですが、普通のことを集結できれば最強の人生が作り上げられると私は考えています。

では「普通のこと」って何?

多くの人が欲しいと望みそうな生活の基盤のことだと、私は定義しています。

例えば、結婚、出産、健康、友達、お金、家、etc.…。

自分が欲しいと願う物が揃えば、心は満たされます。

逆に欲しいと懇願しているのに、手に入らなければ心の中に「空虚」、すなわち柱に「す」ができてしてしまいます。

当然、空虚の存在が少ないほど人生の密度は濃くなり、力強く生きて行けるでしょう。

「普通のこと」でも手に入れるには、環境と多大な努力が必要

人生折り返し地点に来ている今、「ごくごく普通に幸せな大人になりたい」という、子供の頃からの夢は叶ったと実感しています。

笑いの絶えない家庭
自分に合った働き方
助け合える友人
趣味を楽しむこと
家族皆が安心して暮らせる二世帯住宅

私の人生には太い柱が立ちました。

しかも「す」のない状態で。

これは大変ありがたいことだと感謝するばかりです。

これらの柱は、決して自然に手に入ったわけではなく、親からの教育や育った環境によるところが大きいと実感しています

おかげで私は素直に人の話を聞き入れたり、努力する人に育つことができたのだと思います。

親のおかげ」ということと、「自分の努力」の二つのことによって強い人生となったのです。

だから!

自分の子供がいる今、「親のおかげ」という部分をしっかりと子供に与えてあげなければという使命を感じています

それができれば、子供達はきっと努力する人になってくれると信じて。

私の人生のキーパーソンたち

私の人生、今のところ安定した状態でいられるのは、夫や夫の両親、私の両親、幼い頃から我が子のように接してきてくれた気さくな親戚達、そして協力し合える友人達のおかげだと思っています。

その中でも、最も重要な人物は、夫と私の「二人の母達」だと思っています!

二人の母達は、夫と私に、コミュニケーションの重要ポイントを子供の頃からコツコツと教え込んでくれていたのだと思います

結婚してからは、夫の母が、更に私を鍛えてくれました

もちろん父達からも教わることはたくさんありましたが、二人ともあまり喋らないタイプなので、教えてくれるというよりも、こちらが父の背中を見るという形でした。

母達は大事だと思うことをその都度よく話してくれました。(時には長いって思うことも!?)

何度も同じ話を聞くこともありましたが、繰り返し聞くことによって定着します

気付けば自分も同じことを子供達にしているのかな?

でも母達に比べればまだまだ。

 

とにかく、コミュニケーション能力が備わっていれば何とかなる、何とか生きて行ける、楽しめる!

これは私自身、実感し、信じていることです。

私の経験や知識、考え抜いたことをお伝えし、少しでもどなたかのお役に立ちたいと願っています。

私が直面してきたコミュニケーションの場

冒頭でもご紹介した通り、私は一社会人だったり、妻であり、母であり、ママ友と関わり、夫の両親と同居し、PTAの役員を引き受けるなど、様々な立場を経験してきました。

その場その場で自分の役割は異なり、その集団に対して、あるいは個人に対して、ふさわしいコミュニケーションの取り方を常に考えてきました。

しかし失敗したことも何度もあり、後からあんなことを言うべきではなかったと、後悔したことも多々ありました。

そんなことがあった日は一日、なんとも言えない、嫌な後味を引きずったままでした。

やはり若い頃はまだ経験が少なかったからで、コミュニケーションを重ねては反省して、という作業を繰り返していました。

30代前半くらいまでは失敗したと思うことがよくありましたが、40代になった今ではほとんど無くなっています。

そうなのです、コミュニケーションは上手になって行けるものなのです

コミュニケーションが苦手という人も、勇気を出して、人と関わってみてください。

あなただけではなく、きっと皆さんもドキドキしているはずです。

失敗も次への成功の為のステップです!

経験することが成長に繋がるのです。

コミュニケーション能力は誰でも上げられる!

私はコミュニケーションに関して、行動科学に基づいた方法を知りたく、また、ブログで皆様にアドバイスもしていますので、本を読んだり講習を受けるなど、勉強を進めています。

このブログでは、私の実体験も踏まえて、

  • 夫婦間のコミュニケーション
  • 子供達とのコミュニケーション
  • ママ友とのコミュニケーション

などを中心に、コミュニケーションがうまく行く方法や、試行錯誤した経験について書いています。

小学生・中学生・高校生の子供達や、様々なジャンルの大人達との人間関係をスムーズにできれば、あなたの人生は豊かになります。

コミュニケーション能力を上げたいと思う人は、正しい知識を学び、経験して行けば、誰でも身につけることができます

人と関わるのが苦手だからと、諦める必要は全くありません!

今からでもコミュニケーション能力は必ず身につけることはできます

是非、興味のある記事から、どんどん読んでみてください。

nocotoの履歴とこれから

大学卒業後、金融機関に就職。

そこでは年金アドバイザーとして、多くのご年配の方とお話したり、社員研修も行ったり、イベント運営にも携わったりと、様々な経験をさせてもらえました。

3年間、営業職を務めた後に結婚退職しました。

たったの3年間でしたが、上司からたくさんの温かいご指導をいただき、大きく成長できた3年間でした。

実は、上司に酷い鍛えられ方をしたのですが、興味のある方はこちらの記事もお読みください。

>>人間関係があってこそ自分と向き合うことができる!私が方向転換できたコミュニケーションのお話

 

結婚してから1年間、服飾雑貨の販売のアルバイトをしましたが、つわりがひどくなり、やめました。

それから約15年間は、専業主婦でいました。

その間に3人の子供が授かったこと、母の闘病生活のサポート等で、体力的、精神的にハードでしたが、ママ友達の温かいサポートに頼るなどして、乗り越えられることができました。

その時期に本当にありがたいと感じたのは、近所の友達の存在でした。

 

やがて夫から、独立したいと相談されました。

その時は正直、私の心の中では反対でした。

なぜかというと、私の実家が会社経営をしていたのですが、バブルがはじけてからはうまく行かず、大変な状況を目の当たりにしていたので…。

結婚するなら絶対にサラリーマンがいいと思って結婚したのですから!

しかしながら、夫の気持ちを尊重したいし、やりがいを持って働いてもらいたいという思いはありました。

独立に賛成してあげれば、それは叶えられるかもしれない。

でも失敗すれば路頭に迷うことになるかもしれない…。

こんなことを日々、グルグルと頭の中で考えていました。

 

独立の相談を受けてから、実際に退職するまでは、結構長い時間がありました。

1年以上はあったと思います。

その間、夫はじっくりと戦略を練りながら、私にもその都度、考えていることを話してくれました。

話す時の夫は、慎重だけど自信もある様子で。

私はひたすら聞くのみで、反対することはなく、かといってなかなか賛成するとも言えず、時の流れに身を任せていました。

らちがあかない状態が続きました。

 

何度も話を聞く中で、独立すれば自由になり、家族との時間が増えるという話がありました。

その時、思い出したことがあります。

私の両親は会社経営をしていたのですが、自宅兼会社だったので、学校から帰ってきても両親が側にいてくれたことの安心感を思い出しました。

そして、夫は当時、管理職という立場もあり、トラブルの火消し役に多くの時間をとられていました。

その夫の状態はかなり不幸だということが理解できました。

夫の能力をストレスなく、最大限にいかしてあげたい…。

コツコツとコミュニケーションをとってきたこと、夫の気持ちを尊重したいという気持ちが、状況を無理なく変えたのです

 

何日も考えているうちに、だんだんと私の気持ちは変化しました。

私の実家が会社経営をしていたおかげで、商売に対する免疫がなんとなく私にはあったのかもしれません。

自分たちで会社をやってみるのって、もしかして面白そう…?

 

そして私の意識の奥に、潜んでいた思いが徐々に掘り起こされて行ったのを感じました。

結婚前は専業主婦にはなりたくない、働いていたいという思いがありました。

しかし遠方へ嫁いだため、退職せざるをえなく、子育てで余裕がなくなったため、働いていたいという思いは、いつの間にかどこかへ追いやられていました。

むしろ、この状況で働きに出るなんて無理!という考えになっていました。

 

末っ子ちゃんも手が離れてきて、少し余裕ができた今、働くということに少しだけ意識が向きました。

働きに出られないことはないけれど、いざ出てしまうと生活に全く余裕がなくなりそう。

子供と笑顔で会話するなんてこともできなくなるかも?

それなら夫と起業して、私は経理を担当し、家でマイペースに仕事すればいいのではないだろうか?

給料ももらえるし、社会保険にも加入できるし!

 

それは女性にとってすごく魅力的な働き方に感じるようになったのです。

仕事をしていても、子供が学校から帰って来たら、「おかえり」と言ってあげられる

いつしか私もワクワクするようになり、夫に同意していました。

もちろん、不安もありましたが、これまで誠実に頑張ってきて実績も出してきている夫。

信じるしかない!と覚悟を決めたのです。

それからは二人で起業に関する本を読みあさり、勉強する日々でした。

ワクワクする気持ちのおかげで軽やかに準備は進み、2012年、予定通りの日に起業できました。

その後、会社は順調で、私はたんたんと経理の仕事をこなしています。

 

しかし、いつからから、私の人生に「何かもっと」という気持ちが現れ始めました。

その「何か」というのがよく分からなかったけれど、ある日の夫との会話から、ブログを書いてみたいという思いが急に湧いてきたのです。

思い立ったらすぐ行動に移すタイプの私は、すぐに準備に取りかかりました。

2017年3月1日に、nocoto-styleをオープンし、愛情を注いで成長させています。

 

コミュニケーションの大切さや、私が子育て等で後悔してきたことなどを、皆様にお伝えする使命を感じております!

ストレスフルな社会の中で、子供達が強くたくましく、かつ楽しむことにも積極的に生きていって欲しいと願うばかりです。

そのためにはまず!

大人のコミュニケーションスキルを上げることが必須だと考えています。

私と一緒にコミュニケーションを学んで行きませんか?

大人が変われば子供も必ず変わります!

ブログに対する気持ちの変化

愛情を注いできたブログをもっとよくしたい、皆さんに読まれたいという思いから、コンサルティングも受けました。

ライティングや配置の仕方、SNS集客についてなど、かなりのことを学ぶことができました。

雑記ブログではありますが、1年半で1万PVに到達することができ、ブログ収益も口座に振り込まれるようになりました。

何もできることなんかないと思っていた私が、自分の力で収益を生み出せたということは、とても感動的なことで、自身もつきました。

そして何よりも、新しいことを学ぼうとしている自分が、とても生き生きとしているのが実感でき、ブログを始めて本当に良かったと感じています

この幸せなブログ生活を、自分を見つめ直すためにも、多くの人に味わってもらいたい!

そんな思いから、ブログのススメや、ブログの構築の仕方について、発信していこうと、方針転換をすることになりました。

子育てに夢中になっていると、ウェブのことなんてさっぱり分からないという状態に陥っていました。

しかし、ブログで自分を出して行ける!という、ワクワクする強い思いで、楽しく勉強することができました。

ネット社会を生きていく子供達にも、教えてあげられる日が来るかもしれません。

nocotoの趣味

運動が大好きです。

運動能力がとても高いというわけではありませんが、運動しないという生活は考えられません。

テニス、バドミントンを合わせて月に5~6回程度しています。

スキーが得意ですが、なかなか行けなくて残念です。

小学生から結婚するまでは、何度もスキーに出かけていました。

格好良くはありませんが、オリンピックのモーグルのような斜面が好きで、どこのスキー場へ行っても上級者用のこぶ斜面を制覇していました。

夫はスキーをしないので、子供は私が新幹線で一人で連れて行きました。

 

次にピアノ。

子供にピアノを習わせてから自分も久しぶりに弾くようになり、発表会にも連弾やソロで参加しました。

難しい曲にチャレンジしたくなり、時間を忘れて練習にのめり込んでいた時期がありました。

最近は練習時間が取れなくなりましたが、弾きたいと思っている曲が何曲か待機しています。

 

投資も少々していて、投資資産は緩やかに増加傾向。

こちらはぼちぼちのスタンスで。

 

そして東方神起のファン。

真面目で素朴な雰囲気が人気の秘訣だと思います。

二人の歌声とキレのあるダンスに魅せられました。

子供の頃から、踊れるアイドルばかりを追いかけていました。

踊りながら歌えるのはすごい!

ライブに参戦してアンチエイジング。

心の潤いはとても大切だと実感。

心が熱くなれるって素晴らしい!

東方神起ファンになったことから、韓国語にも興味がわき、勉強して簡単なハングルは読めるようになってきました。

 

また、語学と言えば英語。

子供達の英語教育について考えているうちに、自分も英語を学び直したいと思うようになりました。

英会話教室に通ったり、家でCDを聴いてリスニングの練習をするなどしています。

しかし、子供達の方がすごい勢いで成長しています…。

 

2015年の夏休みから断捨離に目覚め、不要物はかなり処分したけど、まだまだ山の途中。

とにかくあれこれとやりたいことが多く、体力と時間が欲しい。

時間が足りない…。

nocotoの家族の様子

ガッツリ仕事に打ち込む夫
のんびりやのお兄ちゃん
こつこつ頑張り屋のお姉ちゃん
とことん猪突猛進な末っ子ちゃん
とってもなつっこいキャピキャピなポメラニアン

一人ひとりまったく違うキャラの3人の子供達と、泣いて、笑って、本気で子育て奮闘中!

みんなが笑顔でいられるために、そして豊かな気持ちになれるように、生活にまつわる

食事のこと
子育てのこと
人間関係のこと

・・・のこと、の徹底リサーチに励んでいます。

 

楽しく生きるコツをお届けするメルマガ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください