ブログの振り返り ~断捨離とブログの効果が似ていて驚いた!~

こんにちは、nocotoです。

 

2017年3月1日からブログを始め、7ヶ月目を迎えています。

記事数は今回で140記事目。

ブログについて振り返りをしてみたくなりました。

 

ブログをスタートした頃

 

ブログを始めた理由は、自分が使ってみていいと思った物を紹介しつつ、日常生活のいろいろを綴りたいと思ったからです。

また、普段心の中で自問自答していること、悩んだことなどを形にしていきたいという思いもありました。

とにかく熱い気持ちをどこかに吐き出したかったのです。

早く行動に移したくて、ブログのことや文章の書き方は二の次に、自分の気持ちの赴くまま、好きなように書いてきました。

 

後先考えずに行動してしまったので、途中でしまった!と思うことも何度かありました。

ご迷惑をおかけしています。パーマリンクの設定を変更したらえらい事になった

もう少し勉強してから始めるべきだったのかもしれません。

 

しかし、物事を始めるには、タイミングが重要。

気持ちが高まっている時に、勢いよく始めたいもの。

もたもたと考えている間に、気持ちがなえてしまってはもったいない。

 

軌道に乗るためにはスピード感が大事

始めの頃は、あれこれ書きたいと、次々に湧き出て来るネタに追いつくべく、手当たり次第書いていた感じがあります。

断捨離のやましたひでこさんに教わったことですが、断捨離に手をつけ始めた時に、最も大切なことはスピード感。

モノが減ると心は潤うって、本当です!断捨離しましょう。

最初のスピード感が大切だということは、ブログにも当てはまることでした。

 

そこで私は、最初はとにかく書く、とにかく記事を更新することを第一に、がむしゃらに書きました。

とりあえず3ヶ月は、土日以外の平日は更新することを目標に頑張りました。

 

書きたいことは山ほどあるけれど、仕事や子供のこと、家事、運動と、やらなければならないことがたくさん。

しかし、絶対に素敵なブログを作りたいという、強い思いがあったので、自分で自分に、「しばらくは没頭していいよ」と言ってあげました。

自分の思いを書いていくことは、想像以上に楽しいことでした。

 

最初は当然、技術がない

文章は最初から上手に書けるわけがなく、一記事書き上げるのに、かなりの時間がかかっていました。

その頃の記事を見返してみると、とても恥ずかしくなり、目をそらしたくなることも。

今、少しずつ修正を加えていっているところです。

文章力に関してはまだまだですが、当時よりは少しはましになっているでしょうか…。

 

悪戦苦闘、睡眠不足を乗り越えて

このブログは毎月、わずかですが経費がかかっています。

いいものを作りたいと思うと、やはり有料のものに行き着くことになりました。

管理システムが複雑で、奥深く、頭を悩ますことが多々あります。

困難にぶち当たっては立ち止まり、解決しながらのブログ運営は、かなりの時間が必要でした。

それは今後も続きそうですが。

 

しばらくは没頭することに決めたので、最初の2ヶ月くらいは睡眠時間が約4時間になっていたのです。

しかし、やりたいことをやっているので、それでも結構平気でした。

 

断捨離とブログは似ていた!

 

自分の頭の中のものを出していくという作業は、断捨離と似たような爽快感がありました。

自分の中に溜め込んでいたものを外に出していくという作業。

それはまさに、断捨離そのものだということにも気づきました。

 

断捨離が進むと、本当に自分に必要なものが分かったり、決断力が付いたりします。

一方、書くことでは、自分の人生に求めているものが、段々と見え始めているような感じがしています。

 

最近書いている内容は、私自身が悩んできて、私なりに解決してきたことが多くなっています。

私の考え方が全てベストだとは言いませんが、少しでも多くの人にシェアしたいと思っています。

他にも良い解決策があるかもしれませんが、皆様のお役に立てれば嬉しいです。

 


平日は必ず更新するという最初の3ヶ月の目標は、達成することができました。

特に、1ヶ月目はそれ以上のペースで更新できたことが、功を奏したのでしょう。

慣性の法則のように、自然と書く週間が身についたのです。

 

そして嬉しいことに先日、コメントをいただくことができました。

この場を皆様とのコミュニケーションの場にもしたいと思っているので、大変嬉しく思いました。

 

また、このブログに訪れてくれる人が、少しずつ増えています。

おかげで私のモチベーションアップになっています。

 

これからも思いの丈を書き続けますので、どうぞよろしくお願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る