モノが減ると心は潤うって、本当です!断捨離しましょう。

「断捨離」という言葉を知らないという人もうは少ないのではないでしょうか。
断捨離はやましたひでこさんが作り出した言葉で、ひでこさんの登録商標にもなっています。
2015年の夏休み、私は物であふれかえっている我が家にうんざりしていました。
何とかスッキリ片付けたい、気持ちよく過ごしたい、そんなことばかりを思い続けていました。
夏休みは子供達もいるので、私も家にいる時間が長くなり、ずっとストレスを感じ続けていたようです。
受験生の息子もいるし、こりゃ何とかしなくちゃなあ…。物が多くて掃除しにくいなあ。こんな部屋、嫌だ…。
毎日こんなことを考えてばかりでした。
何日間かこんなことを考えながら部屋を眺め続けていると、ある時ふと、気づいたんです。
「あの食器、いらないよなあ?粗品でもらって好きでもないし、使い心地も良くないし…。あ、そしたらあの食器もいらないかも!」
この瞬間、「よし、捨てよう」とスイッチが入りました。
ここから私の断捨離生活がスタートしたのです。私の場合、まずは食器からということになります。
最初に、いらないと気づいた食器を取り出し、よし、捨てよう!と決心をつけます。そして次のも取り出し、絶対にすてるぞと、また決心をする。
繰り返しやっているうちに、どんどんスピードが上がり、見た目少し食器棚の中がスッキリしました。
気持ちいい!
次は何を捨てよう?
小学校のお手紙などの書類の山を捨てよう!
こんな感じでどんどん拍車がかかり、夏休み最後の一週間はずーっと断捨離に励みました。
新学期が始まり、子供達が学校に行っている間も、時間の許す限りはせっせとやっていました。
自分に感心してしまいました。よくもこんなに不要物を溜め込んできたなあと。
ものを捨てると同時に、様々な思いというか執着というか。そういう思いとも決着をつけているようでした。
断捨離を始める7ヶ月ほど前に、同居していた姑が亡くなりました。
手作りの好きだった姑がくれた小物や飾りなどが、かなり沢山ありました。
好みのものではないけれど…、せっかく母が心を込めて作ってくれたものだし、という思いで大切に保管はしてきました。
母が亡くなった今、もういいだろうと、沢山の品々にお別れをしました。
この時ばかりは涙がこぼれて来ましたね。
こんな調子で約一ヶ月半、断捨離に集中し、トラック一台分位の物は捨てました。
家全体を見るとまだまだなのですが、一山越えた感じです。
気持ちが大きく変化しました。生活が楽しく感じるようになりました。
一言で断捨離とは言っても、その過程には人それぞれの心の修行があるのだと思います。
自分の思いと向き合って、解決して、捨てていくうちに、なんということでしょう!いつの間にか決断力がついていました。
日常のあれこれで、何か選択肢が出てきた時に、これ!と決めることが出来るようになっていました。
これはとても大きな収穫でした。
今回、ご紹介した本では、ひでこさんのお住まいを赤裸々に見せてくれています。
物の選び抜き方のヒントも満載です。
私はここまでは目標とはしませんが、考え方は見習い、快適なおうち作りを目指したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る