「子育て・家族・友達・仕事」全部を楽しみたい私のプロフィール

人間ドック、所変わればこんなに違う!?

こんにちは、nocotoです。

 

若い頃は全く恐怖心がなく、気軽に受けていた人間ドック。

ここ数年はドキドキしながらです。

 

集団検診

 

一昨年は、法人会から集団検診のお知らせがり、それを利用してみました。

広い会場で大勢が座って順番待ち。

検査している所は人目にさらされます。

バリウムを飲む胃の検査は、検診車の中。

エコー検査のオプションを初めて付けてみて、内蔵や頸動脈も診てもらいました。

テントの中でのエコー検査は、短時間で次々と流れるように進んでいきました。

 

一通りの検査が終わり、帰宅。

後日届く検査結果を、恐る恐る待ちます。

 

結果、青ざめるものでした。

いつものように、エコー検査無しで終わっていれば何ともなかったのですが…。

いくつかの「できもの」が発見されました。

 

もう頭の中、「ガンだ、死ぬ」ってなってしまいました。

検索して調べてみたら、大したことではなさそうでしたが、結果として書かれてしまうと不安になります。

しかし、なんだかんだと検査に行かないまま、約半年が過ぎてしまいました。

いい加減に行かなきゃと、異常のあった数カ所分の精密検査に踏み切りました。

一度には無理なので、何回か通わなければなりませんでした。

その度にドキドキして、生きた心地がしないこの状態が、体に良くないと感じました。

精密検査の結果、どれも異常なしというか、様子見でいいということだったので、ほっとしましたが。

とにかく、この期間がとても長く感じられ、かなりのストレスを感じていました。

 

自分で選んだクリニックでの検診

 

さて、春に受けた今年の検診。

何年か前に利用したことのあるクリニックを、再び選びました。

一昨年の検診の結果から、今年も異常が出るのは分かっています。

また再検査と言われるのだろうと、気が重くなっていました。

 

一日に受診できる人数は限られているので、少しゆとりがある感じでした。

エコーも時間をかけてゆっくり見てくれました。

 

一通り検査が終わった後、診察がありました。

この部分が集団検診では無かったところ。

セット検診というのを選んだので、もしかしてこれもオプションだったりして?

 

血液検査以外の、画像による検査は既に結果が出ていました。

その結果、一昨年に疑いのあったものがなくなっていたり、そのままあったり。

そのままあったものは、「これは心配なものではないので様子見でいいですね~」で終わり。

その場で完結して安心できました。

 

前回の集団検診の場合は、こんなに簡単に終わるものも、終わらなかったということです。

結果が届くのを待って、わざわざ精密検査に行くという余計な苦労を背負うことになったのです。

 

しかし、今回の結果が届き、赤血球の値に異常がありました。

そのクリニックで再検査してもらったところ、少々貧血気味で、そのせいで赤血球が小さくなっているのだろうという診断。

ということで、鉄剤を飲むことになりました。

ビタミンCと一緒に摂ると吸収がいいらしく、そちらも併せて処方してもらいました。

現在は、数値が正常範囲に戻りました。

でももう少し値を上げるために、続けましょうと。

鉄のフライパンを使わなければと思い、現在、注文中です。

 

受診機関選びに大切なこと

 

人間ドックの最後に診察があり、結果について説明してもらえれば、再検査のために余計な出費をしなくて済みます。

時間も無駄にはなりません。

人間ドックは、効率、安心を求めて受診機関を選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください