「子育て・家族・友達・仕事」全部を楽しみたい私のブログ

あなたの一番大切な人はだれ?と聞かれた時に答えるべき回答

自分を好きでいてこそ他人を愛せる

こんにちは、nocotoです。

前回の、富田直美さんの講演会のお話の続きです。

>>子供達の未来は?いろいろな講演会に参加してみての感想

 

あなたは考えたことはありますか?

「一番大切な人は誰ですか?」と聞かれた時の答え。

この質問に対して、考えたことがない人は戸惑ってしまうかもしれません。

私は聞かれた時にぱっと思い浮かぶ人がいました。

一番大切な人を考えてみよう

富田氏が、会場の皆さんに向かって、「あなたの一番大切な人は誰ですか?」と質問を投げかけました。

選択肢を作って全員に手を上げてもらいました。

まず最初に、「自分が大切な人」と聞かれました。

手を挙げた人はまばらでした。

次に、「子供が大切な人」。

この時に多くの人が手を上げました。

他にも選択肢があったと思うのですが、忘れてしまいました…。

 

さあ、あなたはどちらですか?

正解はどちらだと思いますか?

 

え、正解!?

正解なんてあるのと思いますよね?

 

あるのです。

答えるべき答えが。

 

答えは、「自分」なのです。

自分のことが一番大切でないとダメなのだそうです。

自分を大切に思うことによって、結局は人生うまく行くということなのです。

富田氏は強い語り口調で話していました。

 

私が思うに、大半の人は、無意識では自分を第一に思っているのでしょうが、意識的に大切にできていないのではないでしょうか。

意識的に。

自分らしさを押し殺し、無理に何かのために生きようとしているのではないでしょうか?

 

ちなみに私は、「自分」に手を挙げていました。

だって、自分の精神的コンディションが良くないと、家族に優しく接することができないから。

友人とも明るくお喋りできないと思うし…。

自分が楽しければ子供のことも楽しませてあげられる。

これは長年の経験で実感していることで、私が楽しい気持ちでいないと、暗い雰囲気が家族に伝染してしまいます

姑がよく言っていたことがあります。

「母親は太陽でなければならない。そのためにはゆとりや好きなことをするのも必要。」

本当にその通りだと感じています。

何か楽しいこと、やりがいのあることが自分の生活の中にないと、つまらないですよね?

できればしたくない仕事や家事だけの生活だと、何のために生きているのかが、分からなくなってしまいそう…。

 

だから最近は、意識的に自分のために楽しもうとしています。

大げさかもしれませんが、何年か前までは、ひたすら家族のため、家のために身を捧げていました。

子供が3人いるので、そうなってしまうのは仕方がないのかもしれませんが。

とにかく、自分に個性を感じることができなくなっていました。

また、何かを始めたいなんて思ってはいけないとさえ、感じていたかもしれません。

 

やがて、末っ子ちゃんが幼稚園に通うようになると、時間に余裕が生まれました。

その頃から、母親が楽しむことが後ろめたいなんて気持ちは、少しずつ捨てました。

自分を大切にするということ

いざ、自分を大切にしようと言われても、どうすればいいか、すぐには答えが出ないかもしれません。

自分を大切にするということは、

自分の生きたいように生きること
自分を表現すること
自分の意見を主張をするということ

抽象的ではありますが、挑戦してみたいと思っていることがもしあれば、是非とも行動を起こしてほしいと思います。

お子さんがいる場合は、大人のチャレンジする姿を見せられれば、最高の教育となるでしょう。

今の時代、子供達が社会に羽ばたいた時に、自分の意見や希望を主張できる、積極的な人間でいられることが重要だと言われています。

受け身では豊かな人生を送ることが難しい時代です。

AIと人間の融合

富田氏から、AIやロボットの話もありました。

テクノロジーはどんどん進化しますが、何でもできる完璧なロボットは作れないそうです。

しかし部分的に完璧だと言えるものはあります。

産業ロボットで言えばアームロボット、身近なもので言えばルンバのようなお掃除ロボット。

これら以外のものは完璧ではないそうです。

ロボットの足りない部分は人間が補うのです。

翻訳もかなり正確になっていますが、英語を日本語にAIが翻訳すると、どうしてもニュアンスが変わってしまうそうです。

人の役割

完璧だと言われるアームロボットやルンバでも、こなせる作業はどれも部分だけのもの。

人間がこれらの部分ロボットをうまく融合させて行けばいいのです。

それがこれからの時代の、「人の役割」なのです。

「人とロボット・AIの共存」とは、このことを言うのです。

 

ここで富田氏が強調していたこと。

社会における人間の役割として最も大切なことは、コミュニケーションを行うこと

ロボットやAIが発達したこれからの時代、理系の技術的な理解力と文系の知識をあわせ持った人材が必要となるそうです。

更にコミュニケーション能力は必須で、これが備わっていれば、自由に楽しく社会で活躍できることになるのでしょう。

自分を大切にできるチャンスが到来する

現在、能力のある多くの人が子育てや介護によって、働きに出たいのに出られないということがあるでしょう。

しかしそれも、ハンデではなくなる時代がもうすぐ来るはずです。

ネットが繋がっていれば、どこでもできる仕事はたくさん生まれるから。

仕事をしたいと思っている人にとっては、子育てや介護をしつつも、仕事もできれば幸せになれるのではないでしょうか。

そんなお母さんの幸せな姿が子供を幸せにします。

 

世の中の動きに関心を持ち、コミュニケーション力を発揮し、とにかく話してみてください、行動してみてください。

自分を表現していくことが、自分を大切にするということなのです

好きな自分でいてください。

そこから未来は始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください