今日もブツブツ昨日もブツブツ、中学生のブツブツに付き合ってあげよう

こんにちは、nocotoです。

 

楽しそうに見える中学校生活。

本当に楽しいこともたくさんあるみたいですが、同じ分だけ不満もあるような?

長女は毎日、いいことも悪いことも、学校であった出来事をたくさん話してくれます。

だから息子の時とは違い、中学校の様子が手に取るように分かります。

しかし、不満話には娘の主観が含まれているはずなので、こちらは冷静に聞くようにしています。

 

中学生はとにかく話を聞いてもらいたい年ごろ

 

最初は楽しい話から始まり、だんたんと不満に変わっていくのです。

毎日、同じような内容でらちがあかないのですが、思えば私も同じ事を母にしていたのかも。

私が中学生の時は、部活に対して不満だらけで、毎日母に愚痴を聞いてもらっていました。

私の場合、楽しい話はしないでいきなり愚痴のオンパレードだったような気がします。

 

そんな私もいつの間にか母親になり、そして娘がかつての私と同じように不満をぶちまけてくるように。

母はこんな感じで毎日毎日聞いてくれていたのでしょうか。

あの頃の私は、母に何とかしてもらおうと思って話していたのではありません。

ただただ発散したく、聞いてもらえるだけで満足していたのだと思います。

母は「そうなん、そうなん」(そうなの?そうなの?)と言いながら、ただひたすら聞いてくれていたと思います。

気付けば私自身も娘に対して、そのようなスタンスでの受け答えになっているみたいです。

娘はしゃべるだけしゃべって、その後は何もなかったかのように、やるべき事に取りかかってしまいます。

大体いつもこんなパターン。

話せばスッキリすることもあるし、聞いてもらって満足ということがほとんどなのでしょう。

 

中学生の心を安らかにしてあげられるのは親

 

子供がブツブツを投げかけることで、親に求めている一番のことは、安心感です。

どんな話でも受け止め、聞いてくれる人がいれば、穏やかな気持ちに戻れるのです。

聞いてくれる人がいるということは、安心感につながります。

聞いてもらった後は、気持ちよく前に進むことができるのです。

 

大人にも同じことが言えると思います。

悩みができた時、誰かに相談したいなと思いませんか?

どんな些細なことでも聞いてくれる友達がいるならば、その人と話をしたいと思うことでしょう。

中学生にとっては頼るべきは親なのです。

子供の発散を受け止める用意をしておき、ブツブツ言いやすくしてあげましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る