家計と夫婦関係 ~オープンな関係ですか?~

こんにちは、nocotoです。

 

毎月、少しずつですが、積立を長年、続けていました。

私が専業主婦だった頃からのものです。

専業主婦だったので当然、私には収入がありませんでした。

夫の口座から私の口座に積立てていたのです。

 

積立を始めた理由は、財産を少しは分散させておいた方がいいのかなと思ったから。

今思えば、あまり意味のないことでしたが。

 

そして5年前に夫と会社を設立し、私は専業主婦ではなくなりました。

夫と会社を設立するまでのお話

私にも収入が入るようになり、めでたく、社会保険や税金を支払えるようになりました。

私自身の収入が入るようになったので、夫から私への積立てを解約することにしました。

 

税金小話

 

夫からの積立をやめることにした、もう一つの理由があります。

税金の説明会で、気になる話を聞きました。

あまり意味もなく夫からお金をもらわない方がいいのかなと思ったのです。

 

配偶者から継続してお金をもらっていると、贈与税を課せられることかあるらしいのです。

年間110万円の贈与税の控除の範囲内であったとしても、贈与の意思があったとみなされ、税金がかかることがあるそうです。

 

ここでもう一つ余談ですが、相続の時に発覚した厄介なお話。

専業主婦の夫が亡くなったケース
夫が亡くなった時に、働いていた夫よりも、専業主婦の方が多額のお金を持っているという、不自然なケースで、贈与税が課せられたという話もあったそうです。

 

銀行の窓口で言われたことから思ったこと

 

銀行の窓口で、積立の解約手続きをお願いしました。

その時、銀行員に、少し驚いた様子でこう言われました。

「こういう積立てができるご夫婦はなかなかいません」と。

どういうことかと思ったら、そこまでできるのは仲が良く、信頼関係があるからだということみたいです。

言われてみたら確かに、一生家族でいられるという確信がなければできないことです。

 

私達夫婦は、通帳はお互いにオープンです。

それが普通のことだと思っていたのですが、そうでない夫婦もたくさんいることに驚いています。

 

夫が通帳を見せてくれない。

夫が給与明細を見せてくれない。

 

このようなケースだと、夫が妻に月々の生活費を渡すということになります。

妻がお金の管理をして、夫に月々のお小遣いを渡す、もしくは金額を決めて使ってもらうというのが一般的ではあるようです。

しかし、夫が家計を握っているというケースも意外にたくさんあるのです。

 

通帳や給与明細を見せてもらえないということに、不信感を抱いている人もいれば、深くは考えず、あっけらかんとしている人もいます。

不信感を抱くようであればそれは問題であり、解決しなくてはなりません。

 

将来いくら必要になるかなんて想像しきれないこと。余剰金は必要!

特に、結婚してまだ数年とか、若い夫婦には、この先どれくらいお金が必要になるかということは、考えているつもりでも想像がつかないと思います。

過去の記事にも書きましたが、これもほんの一部の話で、想定外の出費は山ほどあります。

マイホームを建てる時に見落としがちなお金のこと

 

ですから、家計全体をしっかりと把握し、夫婦で話し合って計画を立てていく必要が、絶対にあるのです。

例えば、まだ子供がいないとか、子供が小さいうちは、それほど支出はないかと思います。

しかし、近い将来、多額の出費がかさむ日が、絶対に訪れるので、余裕資金は貯めておくべきです。

現在、無理なく生活できているからと、安心して夫の給料を知らないというのは、考え直す必要がありそうです。

 

夫婦の信頼関係についても見直しを!

夫の給料が分からず、心配なら自分も働けばいいじゃない?という意見もありますが、それとこれとはまた別問題。

妻が働き出したからといって、夫との信頼関係が築けるわけではありません。

家族を続けていくなら信頼関係は絶対に必要。

信頼が築けないまま夫婦を続けるなんて、つまらない人生になってしまいます。

 

通帳や給与明細を見せてもらっていない人は、早急に一度、真剣に話し合い、オープンにしてもらうべきだと思います。

それでもし、問題が発覚したなら、その時は辛いでしょうが、つまらない人生を方向転換できるチャンスだと思い、行動するべきです。

 

無関心は罪!?

通帳や給与明細を見せてもらえないという状況が、気にならない妻もいると思います。

将来のことに無関心なのか、何千万と収入がある裕福なご家庭なのか。

それならそれでいいのでは、と思ってしまいそうですが、果たしてそれでいいのでしょうか?

無関心で何も知らないまま過ごし、ある日突然、取り返しがつかない状態に、ということにならなければいいのですが。

 

ちなみに私は、「無関心」というのは良くないこと、もっと言えば悪いことだとさえ思っています。

 

残念ながら、多くの夫婦間で、様々な問題が発生しています。

主婦達は悩んでいる!

せめて火種が大きくならないうちに、沈下したいものです。

 

オープンな関係が、夫婦のあるべき姿だと考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る