「子育て・家族・友達・仕事」全部を楽しみたい私のプロフィールはこちらから

夫婦のお金は把握してる?オープンな関係で管理していますか?

家計は夫婦で共有していますか?

こんにちは、nocotoです。

私は専業主婦だった頃、夫から私の口座に積み立てをしてもらっていました。

財産を分散させておこうと始めたことだったのですが、やがて二人で起業し、私も収入を得られるようになったことをきっかけに、解約しました。

 

銀行の窓口で、積立の解約手続きをお願いした時のことです。

銀行員に、少し驚いた様子でこう言われました。

「こういう積立てができるご夫婦はなかなかいません」と。

どういうことかと思ったら、そこまでできるのは仲が良く、信頼関係があるからだということみたいです。

言われてみたら確かに、一生夫婦でいられるという確信がなければできないことです。

 

私達夫婦は、通帳はお互いにオープンです。

妻がお金の管理をして、夫に月々のお小遣いを渡す、もしくは金額を決めて使ってもらうという形が一般的ではあるようです。

しかし、そうでない夫婦もたくさんいることに驚いています。

夫が家計を握っているというケースも意外にたくさんあるのです。

夫が通帳を見せてくれない。
夫が給与明細を見せてくれない。

このようなケースだと、夫が妻に月々の生活費を渡すということになります。

通帳や給与明細を見せてもらえないということに、不信感を抱いている人もいれば、深くは考えず、むしろ考えるのが面倒だからそれでいいという人もいます。

もし、見せてもらえないことに不信感を抱くようであれば、それは問題であり解決しなくてはなりません。

将来必要になる金額は想像しきれない!余裕資金は必要!

特に、結婚してまだ数年とか、若い夫婦には、この先どれくらいお金が必要になるかということは、考えても全てを想像するのは無理なことです。

過去の記事にも書きましたが、これもほんの一部の話で、想定外の出費は山ほどあります。

>>マイホームを建てる時に見落としがちなお金のこと

だから家計全体をしっかりと把握し、夫婦で話し合って計画を立てていく必要があります。

無駄遣いを減らすにも、夫婦で家計を把握していた方がやりやすくなるでしょう。

まだ子供がいないとか、子供が小さいうちは、それほど支出はないかと思います。

しかし、近い将来、多額の出費がかさむ日が、きっと訪れるので、余裕資金は貯めておくべきです。

積み立てをするとか学資保険、個人年金に加入するなどして、強制的に天引きするのがいいかと思います。

現在、無理なく生活できているからと安心してしまい、夫の給料を知らないというのは、考え直す必要がありそうです。

無関心は罪!?

通帳や給与明細を見せてもらっていないという状況が平気な人

将来のことに無関心なのか、何千万円と収入がある裕福なご家庭なのか。

それならそれでいいのでは?と思ってしまいそうですが、果たしてそうでしょうか?

 

無関心なまま、何も知らないで年月が過ぎた場合、突然お金の必要性を感じることになります。

がむしゃらに働かなければならないことになったり、夢や希望を諦めたりという選択を迫られるかもしれません。

裕福な人

大金を持っている人が大金を使うのはよくあることです。

マイナスになることはいくらでもあることです。

無関心で何も知らないまま過ごし、ある日突然、取り返しがつかない状態に、ということにはならないようにしたいですね。

 

ちなみに私は、「無関心」というのは良くないこと、もっと言えば悪いことだとさえ思っています

夫婦の信頼関係についても見直しを!

夫婦で家計を把握し合うのは、当然のことながら信頼関係が必要となります。

「夫の給料が分からなくて心配なら、自分も働けばいいじゃない?」という意見もありますが、「夫婦の信頼関係」を考えると、それでは満足はできないでしょう。

妻が働き出したからといって、夫との信頼関係が築けるわけではありません。

家族を続けていく為にも信頼関係は絶対に必要。

信頼が築けないまま夫婦を続けるなんて、つまらない人生になってしまいます。

夫婦関係が子育てにも、仕事にも、友人関係にも、大きく影響することでしょう。

 

通帳や給与明細を見せてもらっていない人は、早急に真剣に話し合い、オープンにしてもらうべきだと思います。

それでもし、問題が発覚したなら、その時は辛いでしょうが、人生を方向転換できるチャンスだと思い、行動するべきです。

早ければ早い方が、やり直しはしやすいです。

 

残念ながら、多くの夫婦間で、様々な問題が発生しています。

主婦達は悩んでいる!

せめて火種が大きくならないうちに、沈下したいものです。

 

まずはお金に関して、オープンな関係から築いてみてはいかがでしょうか。

 

夫婦のお金に関して、こちらの記事もお読みください。

>>夫婦間のお金のやりとりも慎重に!贈与税について知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください