「子育て・家族・友達・仕事」全部を楽しみたい私のブログ

天才的な子供発見!お父さんの語りかけ術はこうだった!

こんにちは、nocotoです。

電車の中で半分眠っていた時のことです。

停車駅でドアが開き、乗り込んでくる乗客の中から、小さい男の子の話し声が聞こえてきました。

高くてよく通る声だったので、自然と耳に入って来たのです。

その話し声を聞き、私は驚くように目を覚ましました。

目を向けると、男の子はお父さんと二人でした。

その子の声は、まだまだ赤ちゃんのような高くて可愛い声。

男の子の話し声に驚いた理由

私が驚いて目を覚ました理由は、男の子の声と、発する言葉にギャップを感じたから。

その子は見た目も声の感じも、2才になったかならないかくらい。

やっと赤ちゃんから幼児になったかなという感じの男の子です。

男の子は驚くことに、しっかりとした文章をすらすらと話していたのです!

あんなに小さな子がこんなにしっかりとお話ができるなんて、本当に驚きました。

 

私には3人の子供がいますし、友人の子供達も何人も見てきています。

2才にならないうちに(勝手に決めつけていますが)あんなにしっかりとおしゃべりできる子は見たことがありません。

特に男の子は、まともにお話しができるようになるまで時間がかかります。

うちの息子がまともに文章を話せるようになったのは3才になってから。

娘達はもっと早かったけれど、2才過ぎてからだったと思います。

その男の子とのギャップにショックを受けそうなほどでした。

お話上手にはちゃんと理由がある

なぜその男の子がそんなにもお話上手なのか?

その答えはすぐに見つかりました。

キーパーソンはお父さんでした。

お父さんの話しかけ方がとてもいい!

 

私達が1才~2才くらいの子供に話しかける時って、つい短い文章、あるいは文章にならない言葉を話してしまいがちになると思いませんか?

例えば、こんな程度になってしまうと思うのです。

「電車を追い抜いたね」とか「こっちのドアが開くよ」とか。

これは、長い文章を話しても理解できないだろうと思って、このような言い方をしてしまうのでしょう。

しかし、男の子のお父さんは、次のように果敢に長い文章で語りかけていました。

「電車を追い抜いたね」→「さっき、◯◯駅にいたのと同じ電車を追い越したね」

「こっちのドアが開くよ」→「右側のドアが開くと言っていたから、こっちのドアが開くんだよ」

 

な・る・ほ・どー!

 

しかも、子供が聞き取りやすいように、しっかりと丁寧な口調で話してあげていました。

お父さんとの会話の積み重ねできっとこうなれたのですね!

脳科学に基づいた教育

脳科学では、胎児の時から文章で語りかけてあげることがいいということが分かっています。

2才になるかならないかくらいの小さな子に、飾り付けした文章を話してあげようと思える人は、なかなかいないと思います。

あのお父さんはきっと、よくお勉強されているのでしょう。

お父さんお母さんは意識して語りかけを!

その親子と降車駅が同じになりました。

私は感動のあまり、お父さんに話しかけたいと少し追いかけてしまいましたが、勇気がなく、できませんでした。

そして、私も子供にもっと文章を話してあげたかったと後悔したのでした…。

脳が完成する10才までにインプットする言葉は、その子の言語を築きます!

是非、いっぱい語りかけてあげてください。

脳科学はどんどん進化しています。

子育て中の人や妊婦さんは是非、アンテナを張っておきましょう!

>>私が子育てで一番後悔していること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください