帰省の中継地点でキャンプ ~富山県の浜黒崎キャンプ場~

こんにちは、nocotoです。

 

私は現在、埼玉県に住んでいます。

実家は石川県。

帰省する際には、新幹線の時もあれば、車の時もあります。

車の場合は、すいていると6~7時間、渋滞にはまると10~11時間かかります。

 

せっかくいくつもの県をまたがって行くのだから、どこかに立ち寄りたくなります。

そこで、キャンプにハマっていた我が家は、中継地点でキャンプ場を選び、1泊していました。

そういう場合は、フルコース初キャンプとは正反対の、お手軽キャンプスタイルで。

 

今回は我が家のキャンプ史上、最も手軽なキャンプ、いや、キャンプ場に泊まっただけの時のお話です。

 

富山県の浜黒崎キャンプ場

 

北陸自動車道滑川I.Cから約20分のところに、海に面した浜黒崎キャンプ場があります。

その時は料理等、キャンプらしいキャンプをするつもりはなく、泊まれればそれでいいというスタイルでした。

キャンプ場近くのスーパーで、夕飯や朝食を買い込み、キャンプ場へ向かいました。

 

毎回、今度はどんなキャンプ場なんだろうと、ワクワクします。

今回は海に面しているということで、特に楽しみでした。

 

海水浴シーズンがちょうど終わった頃だったので、キャンプ場はとても静かでした。

私達が宿泊したのは「薬師」というバンガロー。

バンガローは6畳間にキッチンやユニットバスもあり、素泊まりには十分でした。

テーブルも布団も備え付けてあります。

 

荷物を置いてキャンプ場目の前の海を散策。

日本海の夕日は久しぶり…。

人がいないのがまた最高に贅沢。

プライベートビーチです!

都心付近に住んでいると、空いているということが、貴重なことに思えてくるのです。

足をチャプチャプしただけでも、十分海を堪能できました。

 

バンガローに戻り、買ってきた食材を広げ、ディナータイム。

どこでも遊べる子供達は食後も大はしゃぎ。

一遊びしてから就寝。

布団は薄くて寝心地はよくありませんでした。

テントでもせんべい布団でも寝られる子供達が羨ましい。

 

翌朝、朝食を済ませ、石川県へと向かいました。

 

自然の中でゆったりと楽できて、人に気遣いすることもなく、本当にリラックスできました。

こういうスタイルもいいなあと思いました。

最高のお泊りでした。

 

遠方へ帰省しなくてはならない人は、このような旅をしてみてはいかがでしょうか。

のんびりできてオススメです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る