「育脳ごはん」の料理教室に参加して、なぜか涙があふれ出た話

こんにちは、nocotoです。

 

今日は久しぶりに料理教室に参加しました。

場所は新橋で、我が家からは小一時間かかるのですが、テーマがとても気になるものだったのです!

「子どもの学習能力を高める!育脳ごはん&おやつ講座」というものでした。

講師は管理栄養士で料理家の小山浩子さん。

 

参加したきっかけ

 

この講座に参加するきっかけは、現在、次女が利用している通信講座ドラゼミo((=^♀^=))oからのメール。

受講料は3,000円でしたが、迷わず申し込みました。

いつも料理しながら、どういうメニューがいいのかなあなんて悩んでいたので。

 

料理に関しては今回のテーマが最も需要があるそうです。

小山先生は講座をやってほしいと頼み込まれ、猛勉強し、うまく形がまとまったので今回の教室が成立したそうです。

とてもありがたいし、先生の努力は素晴らしいと思いました。

先生は人の良さそうな可愛らしい感じの方で、どんなことをお話ししてくれるのだろうと、楽しみになりました。

ちなみに、小山先生を知ったのは今日が初めてです。

 

育脳ごはんに納得!

 

詳しい内容ははまたの機会にお伝えするとして、今回は簡単に。

10歳で脳ができあがってしまうことから、それまでに脳に必要な栄養素を摂取するべきなのです。

栄養以外でも、脳をどんどん刺激してあげるような食育方法や、子供との接し方も教えてくれました。

そして脳の構造のことや、IQが良くなるために必要なことのお話もあり、脳科学的な観点からの説明は、大変納得のいくものでした。

感動すらお覚えました。

 

参加者の多くは10歳以下の子供がいそうな若いお母さんが多数。

私の3番目の末っ子ちゃんがちょうど10歳。

かなり出遅れた感があるけど、いくつになっても食事は大切なことだから。

 

講座の後、育脳ごはんとおやつ作り

 

先生がまずデモンストレーションで作り方を教えてくれ、その後グループで実践。

サポートスタッフもついていてくれたので、とてもスムーズにできてしまいました。

 

料理したランチとおやつを食べ、質問タイム。

積極的に質問があがっていました。

 

参加して、しみじみと感じたこと

 

漠然と料理しているだけではもったいない

今回の講座で、普段の料理での疑問を解決できたり、科学的にレシピを考えることの大切さがよく分かりました。

私事ですが、主婦歴が約19年になります。

19年は、長いような短いようなという感じ。

今まで色々思い悩みながら、私なりに頑張って料理はしてきたつもりです。

体が辛い時も、急いでいるときも、食べることだけはサボれない、子供達にはしっかり食べさせたいという思いで。

 

料理のことはほとんど独学で勉強し、栄養バランスには気をつけなきゃと、食事は最優先に考えてきました。

料理を知るために、本やテレビ、ネットで情報を集め、実践し、自分の肌で感じたことを信じてやってきました。

添削してもらえるわけではないので、それが正しいのかどうかも分からずに。

やはりちゃんと勉強しないと、うまく食材を組み合わせられないことを思い知らされました。

 

努力が報われたこと、後悔したこと

質問をいくつかさせてもらい、自分なりに感じ、解釈して実践してきたことが、正しかったと判明して、とても嬉しく感じました。

しかし、ひどく後悔したこともありました。

今日、色々なことを知って、子供達が小さいうちに、もっとああしておけばよかった、こうしておけばよかったと。

過去の自分を責める気持ちになってしまいました。

 

嬉しさと後悔とが入り交じってしまい、なんだか気持ちが混乱してしまったのでしょう。

もしくはそういうお年頃になった?

帰宅して涙がこぼれてきました。

 

こんなに心を動かしてくださった小山先生に感謝です。

言うまでもなく、私にとって今までで一番の料理教室でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る