運動神経のいい人は、大人になってから新しいスポーツを始めても、上達が早く、ハイレベルになれる

こんにちは、nocotoです。

 

急に寒くなり出した2週間ほど前から、風邪をひいてしまいました。

体は元気だし喉も痛くないんだけど、一時は声がほとんど出なくなってしまいました。

大分良くなったものの、まだ治りません。

 

こんな状態ですが、最近は気合を入れてバドミントンの練習をしています。

おとなしくしていないからなかなか治らないのかもしれません。

なぜそこまでするかというと、試合に出ることになってしまったから。

誘われて何となく受けてしまい、必死で練習について行っています。

必死というのは、私はその中で最年長だから。

体力的な面ではどうしても若い人には勝てない…。

技術を磨かなくては!

 

バドミントン、硬式テニス、初心者でもあっという間に上達できる

 

試合メンバーは、私ともう一人を除く全員がバドミントン初心者でした。

数年前には私が基礎から教えていました。

すると皆さん、みるみるうちに上達し、経験者の私を追い越す勢い。

 

子育てに仕事に忙しい皆さんですが、試合に出ようだなんて人達だから、運動が好きで運動神経がいいのです。

そういう人は、初めてのスポーツを大人になってから始めても、あっという間に上達します。

経験者をもしのぐ勢いです。

試合メンバー達との練習は、とてもハード。

以前は勝てたのに、最近は負けてしまいます。

私はテニスもしていますが、テニスでも同じことが起こっています。

運動神経がいいと、こんなに早く上手くなれるものなんだと、驚いています。

 

で、何が言いたいかというと、どんなスポーツでも遊びでもいいから、若いうちに運動神経を発達させておけば、大人になってからのスポーツで、ハイレベルなプレイが十分可能だということ。

 

そして、テニスに関して言えば、ママ友の中には部活で軟式テニスをしていた人が多いのですが、硬式テニスをさせてもとても上手です。

しかも軟式テニスをしていた人は、打ったボールにとても威力があります。

今は軟式も硬式も、ラケットの持ち方や打ち方が似てきているということなので、気軽に方向転換できるのではないでしょうか。

また、テニスの経験がない人でも、運動神経のいい人はあっという間に上達しています。

 

だから部活選びは難しく考えなくていい、基礎体力と運動神経を発達させられればいい

 

部活に関して言えば、大人になったら普通は硬式テニスだからと、軟式テニス部を敬遠してしまう人もいますが、その道のプロを目指さない限り、部活はどちらでもいいような気がします。

中学で軟式を選択したとして、大人になって硬式に変えてもすぐに慣れるし、十分に楽しめます。

だから子供が無理なく部活ができる方を選べばいいと思います。

 

小学生の間は硬式テニスを習わせていたけど、学区内の中学校には軟式しかない、という場合でも、テニスがしたければためらわず軟式テニス部に入っても問題ないと思います。

わざわざ学区外の離れた中学校に行った場合、不都合なことは色々出てくる可能性があります。

かなり重い鞄を持って時間をかけての通学、練習試合の為の集合場所が遠い所になって、親が送って行かなけらばならなくなったり。

他にも、再登校なんていうものもたまにあり、一度帰宅してからまた部活に出て行くということもありました。

また、小学校で硬式テニスを頑張り、軟式しかない中学校に進学した子がいましたが、軟式テニスでも活躍し、県大会に出場できました。

このように、どっちでもどうにでもなるのです。

大人の価値観を押し付け、子供の中学校生活がストレスフルなものにならないように気を付けましょう。

しっかり勉強もしてほしいなら尚のことです。

硬式テニスは高校からでも大人になってからでも楽しめます。

そのためにもしっかりと基礎体力をつけさせておきたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る