「子育て・家族・友達・仕事」全部を楽しみたい私のブログ

猛暑と部活

季候が変われば部活のやり方も変えるべき。命を守るために。ど根性論はもはや通用しません。

こんにちは、nocotoです。

とうとう夏本番に突入しました。

この季節になると、運動部の中学生を持つ親としては心配になります。

今と昔とでは全然違う夏の気温

近年、35度以上を記録する、猛暑日が増えています。

私が中学生の頃にはそこまで暑い日はなかったように思います。

あったとしても希でしょう。

 

ところが今は、猛暑日という言葉が頻繁に聞かれるようになりました。

猛暑日でなくても、35度に限りなく近い日はたくさんあります。

 

そのような日は、身の危険を感じます。

市の防災センターからの放送が街中に響き渡ります。

内容は、なるべく外に出るのを控えましょうというもの。

ということは当然、外での運動も控えなければならないということです。

「猛暑」は部活が中止になる理由にはならない?

「今日は暑いからやめましょう」と、部活を中止にした顧問の先生がいました。

しかしそのことをよく思わない保護者がいました。

 

一方で、このような顧問もいました。

熱中症で日本で1,000人以上倒れた猛暑日に、外で一日中、部活をさせたのです。

限界を知るべきだと、根性論を主張していました。

そしてもし、試合で勝ち進んだ場合には、何試合もしなけれはならないので、慣れておく必要があるという思いもあったようです。

それをやりすぎだと思う保護者が多い中、中学時代は部活がすべてという考えのご家庭は肯定的でした。

 

実はその日、息子も含め、軽めでしたが熱中症で何人も具合が悪くなりました。

危ない状態の子も一人いました。

更に翌日の部活でも、前日に危ない状態だった子は、再び具合が悪くなりました。

 

命に別状はなかったものの、まだまだ子供の中学生に、そこまでさせることに疑問、いや、憤りさえ感じました。

猛暑日の部活に対する考え方

あらゆることに関して、全員の考え方が同じになることなんて、滅多にないこと。

猛暑と部活に関する考え方も様々です。

根性論で生きている人

真夏の炎天下でも仕事をしなくてはならない人

自分はこのようにしてきたからと、時代の変化に対応しようとしない人

このような人達は、猛暑であろうが運動はできるという考え方の人が多いようです。

自己管理をしっかりすればいいとか、嫌ならやめればいいとか。

 

中学生にとっては嫌ならやめればいいというのは極端すぎる話。

子供達は部活を最後まで頑張らなきゃと、一所懸命になっています。

勉強だけでなく運動も頑張りたいと思っているから入部しているのです。

人それぞれに体力の差はありますが、部活は全員がやり遂げられるように管理体制をとって行くべきものですよね?

それをやめればいいというのはとても無責任な話ではないでしょうか。

根性論を人に押しつけるのは?

個人の基準による根性論は、人に押し付けるものではありません。

炎天下の仕事をする人もいるのだからと言っても、運動をするのとはまた話が違います。

大人と子供の差もあります。

大人が過去にしてきた全てのことが正しいこととは言えないでしょう。

時代に合わせて改善すべき点が出てくるはずです。

顧問の先生には、危険な日には勇気ある決断をしていただきたいものです。

気温の上昇に関しては、数字ではっきりと現れていることなのだから、対策を練ることは可能だし、ルールを決めるべきではないでしょうか。

 

文句を言う保護者もいるかもしれませんが、それは少数派だと感じています。

多くのご家庭では安全に、ほどほどにという考え方だと思います。

あくまでも私の感じるところですが。

 

また、猛暑の日には部活を中止にとまではしなくても、室内で普段できないようなことをしてもいいと思います。

戦略を考えたり、ポジションの確認をしたり、ビデオを観て研究したり。

そもそもの部活のあり方も考え直すべき

「勉強あっての部活」と学校側はよく言います。

しかし、部活の運営は顧問に一任している場合がほとんど。

「部活あっての勉強」にもなりかねません。

部活動は、顧問によって天国か地獄かが決まります。

 

猛暑の中、根性論で長時間束縛するような部活。

まだ子供である中学生に、そこまでして勉強の余力が残るでしょうか?

教育委員会や学校の方針とは矛盾しています。

 

勉強ができる子、できない子があるように、体力だってある子ない子に分かれます。

部活は体力がない子にとっても頑張れる程度のものであるべきなのです。

それで物足りない子は自主練をするなり、他へ習いに行くなりすればいいのではないでしょうか。

保護者の熱にも要注意

小学校の頃からそのスポーツを習って来た子供は、大抵はレギュラーになり、ある程度は活躍します。

そして保護者は、子供に何としてでも勝たせたいという気持ちになり、部活は我が子のためという感覚に陥る人もいます。

部活内での人間関係の育みなどよりも、自分の子供が勝つことに夢中になってしまうのです。

そのような保護者は先生に直談判することもあります。

自分の子供だけがいい思いをするのではなく、皆のモチベーションが上がるような内容ならいいのですが。

部活の雰囲気が崩れてしまうこともあるので注意が必要です。

 

とにかく、顧問と一部の保護者とのやりとりでは、部活動が円満に行くのは難しいです。

特に活動時間に関しては、教育委員会からの部活動の活動指針を元に、しっかりと決まりを作り、厳守するべきではないでしょうか。

特に猛暑日の件に関しては、生徒のみならず、先生の健康も守られなければなりません。

保護者におびえて決定できない先生もいるのかもしれません。

顧問がやりやすいようにするためにも、猛暑日に関する決まりを作るべきだと思います。

 

大会の成績よりも命を大切に、部活動のあり方を考え直すべき時代だと言えるでしょう。

そうすれば顧問も生徒も保護者も安心していられると思います。

顧問をしたがらない先生をこれ以上増やさないためにも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.