小3次女、レゴブロックとの運命的な出会い

小学3年生の次女のお話です。
次女は本が大好きで、暇さえあれば本やマンガを読んでいるような子。
買い物に出かけても、玩具売り場よりも本屋の方が好きで、誕生日やクリスマスプレゼントには、本を与えていれば満足していました。

我が家には3人の子供がいますが、長男も長女も本を欲しがるようなことはあまりありませんでした。
長男、長女に関してはそれが悩みというか、本をもっと読んでくれないかなあと思ったものです。
次女に関しては、本ばかり読んでないで、やるべきことをちゃんとやりなさいと叱ることも多かったです。

本もいいけど、そろそろ何か、違うものにも興味を持ってもらわないとなあと思い、クリスマスプレゼントにはレゴがいいのではないかと提案してみました。

まずはこの「基本セット くみたてキューブ」を小学校2年の時のクリスマスプレゼントに。


現在ではこの商品は、品薄または希少等の理由で、高額になっています。
当時の4倍くらい!

これで何となく遊んでいるうちに、だんだんと面白いと思うようになったみたいです。

私も昔はレゴでよく遊んだものです。
おうちばかりを作っていたような記憶があります。
次女は違っていて、パチンコのようなゲームを作る方向に行きました。
それがだんだんと進化していって、もっと大きな基礎板が欲しいとか、ブロックの数が足りないとか、あれこれ言うように。
大きな基礎板があれば、またレゴの世界が広がるだろうと思い、購入。
これが一番大きいサイズということで決めました。


なんとこれを土台に、輪ゴムも使用してピンボールを作りました!
写真を撮っておきたかった…。

そして3年生のクリスマス前。
クリスマスプレゼントにはレゴが欲しいと。
そういえばあれから1年が経ったんだなあ。
やらない時期もあったけど、どうやら本格的にはまってきたみたい!?

「クラシック 黄色のアイデアボックス」が欲しいとリクエストしてきました。
親としても大賛成な知育玩具を選んでくれたと思いました。


去年のは紙の箱だったので、だんだん弱くなっていき、ふたの部分が破れて切れてしまいました。
しかしこちらのはプラスチックのケースなので丈夫。
ケースの大きさは36×26×18cm(数ミリの誤差はあるかもしれません)。
まとめてこちらに収納することができます。
でも娘は何となくまとめたくないみたいで、2箱のままです。

更にどんどんレゴの世界にはまっていき、レゴに関するYouTubeを見るようになりました。
いろんな作品を作って、その作り方をアップしている人が、世の中にはこんなにたくさんいるのですね!
同時に、昔からずっと続いているレゴの人気はすごいなと思いました。

レゴが好きならば、それらの動画を見ていると、当然作りたくなってきます。
次女はやはり挑戦し始めました。
ユーチューブを見ながら、一時停止と再生を繰り返し、真剣に作っている姿には感心してしまいました。
作品はまた後日、ご紹介させていただきますね♪

次女は女の子にしては珍しく?レゴが大好き。
ハマり方がすごいです。
本以外にもこんなに熱中できるものが見つかって嬉しく思いました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る