スマホが壊れた!高校生男子よ、どう出るか!?

こんにちは、nocotoです。

 

スマホバラバラ事件!

無残な姿で息子のベッドに横たわっていました。

どうしてこんな姿に…?

元に戻せるのだろうか…。

 

とうとう壊れてしまったか

息子のスマホは、実は私のお下がりのもの。

それにSIMカードを入れたいわゆる格安スマホ。

 

我が家のルールは、スマホはリビングで、となっています。

にも関わらず、最近、ずっと部屋に持ち込んでいました。

先週、体育祭があったので、いろいろ友達と連絡を取りたいこともあるだろうと思い、しばらく自由にさせていました。

それがまず、いけなかったのでしょう。

体育祭が終わり、体育祭の打ち上げも無事に終わり、さあスマホを返しなさいと言っても無視…。

 

毎日チクチク言っても全く聞かず。

 

ある朝、また返しなさいと言うと、息子は急にすごく怒り出し、バタンバタンやりながら学校へ出かけて行きました。

何で?と不思議になるくらい。

 

息子が出かけて行き、部屋をのぞいてみるとスマホを発見。

ランプは点滅していたけど、画面が映らない…。

 

壊したか?それとも壊れたのか?

 

本体は年数が4年近く経っているので、そろそろ危ないかなあとは思っていました。

あんなにキレた分際で、つかなくなったスマホ、どうするつもりだろう?

私からはあえて、何も聞かないことにしました。

 

翌朝再び、「スマホは持ってこないの?」と聞いてみました。

 

すると、「つかなくなった…」と。

 

一昨日からつかなくなったそう。

 

最近、調子が悪かったらしく、息子がキレた前日に、壊れてしまっていたそうなのです。

 

スマホが壊れ、どうするつもりだったのか?

自分で直そうと思ったらしく、部屋に持ち込みっぱなしだったようです。

電源の接触が悪くなったのだと、息子なりに判断し、直してみようと。

 

キレる前になぜ壊れたことを言わなかったのか?
なぜキレたのか?

 

息子いわく、私がそういうことを言える雰囲気ではなかったと。

まあ、ルール破りなので怒っていましたからね。

 

親からチクチク言われ、学校のこともいろいろと忙しく、スマホも壊れ、イライラが募って爆発したとことでした。

 

確かに、理由を言葉で並べてみると、この状況は忙しい高校生にはかなりのストレスかもしれません。

しかし、ルールを破らなけらばこうはならなかったでしょうけど。

 

そして、修理に出したとしたら何日もかかるし、自分で直してすぐに使いたいという気持ちもあったそうで。

そういうことも口に出してくれればいいのにと思いますが…。

 

それにしても自分で直すなんて無理でしょ…。(とは本人には言えないけど)

 

私としては、高校生にはまだスマホは必要ないものだと思っています。

しかし、9割以上の高校生が既に持っている現状では必要だと感じています。

5割くらいしか持っていないというなら話は別ですが。

 

だからヤマダ電機に駆け込み、SIMフリーのスマホ本体を見てきました。

1万円~35,000円位でした。

高校生らしいお値段の、今まで利用していたmicroSIMカード(新しいスマホはnanoSIMカード対応になっているものが多い)が入る、なかなかいい機種を一応見つけておきました。

 

しかし、スマホを買ってとは言い出さない息子。

今までもおねだりをするようなことはほとんどなかったし、お小遣いでやりくりしようと努力しています。

スマホは高価なものだと分かっているし、自分からは言えないのかな?

 

スマホは必要なんでしょ?と聞いたら意外な答えが変えてきました。

「今は別にいらない。てか、iPhoneが欲しい。」

 

一瞬絶句と落胆…。
息子を美化しすぎていました。

 

そんな高価なものは無理。

中古でも無理。

それは自分で稼ぐようになってからにしてちょうだいと伝えました。

 

すると、じゃあ、何でもいいなんて言ってましたけど。

でもすぐに欲しいという雰囲気ではない。

 

どうやらもう少し自分でいじくってみたいらしい。

ギブアップして何か言ってくるまで、こちらからはもうスマホについては言いません。

 

今回のやりとりからの学び

ルールを決めたからにはちゃんと守らなくてはいけません。

体育祭だからと、ちゃんと話すことをしないで部屋に持ち込みを許してしまっていたのは、私に落ち度がありました。

反省しました。

子供がルールを守るだけでなく、親もしっかり守らせるということをしなくてはなりません。

 

壊れたことを黙っていてはいけないということを、夫が伝えてくれていました。

そうとは知らず、言っても言っても聞いてくれないとやきもきしているうちに、関係が悪くなって行きます。

息子の方は、ただめんどくさがっているだけかもしれませんが、親の方はそうは行きません。

どんどん心配と不安が大きくなって行くものです。

息子にはそういうことも伝え、理解してもらいました。

 

高校生くらいだと、まだまだコミュニケーション能力は不十分です。

気持ちがしっくり行かないことは、ささいなことでもしっかり話し合いをして、一つ一つ完結していくべきだと思います。

 

義母は生前、そういうことがあれば必ず、子にも孫にも考えさせる機会を作ってくれていました。

義父は寡黙な人なので、義母のいない今、私達がしっかりと教えていかねばならないと、肝に銘じています。

 

今後、きっとまたすぐにスマホを持つのだろうと予想していますが、何か面白い話があれば記事にしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る