真夏の運動のススメ

こんにちは、nocotoです。

 

子供達の夏休み、中盤に入りました。

最近、曇の日が続いているおかげか、結構アクティブに過ごせています。

日が出ているのと出ていないのとでは、体力の消耗具合が随分と違うものですね。

 

夏休みの運動状況

先日、次女と2人で硬式テニスを2時間。

午前中だったのですが、曇っていたので体力は持ちました。

テニスは週に1回できるかできないか。

それくらいのペースだと私の場合、その都度、筋肉痛になります。

今回も夜には体が痛くなりました。

 

その翌日には長女と2人でソフトテニス。

硬式と軟式でこんがらがってしまうこともあります。

しかしここは、全く違うスポーツだという意識を持って、何とか相手しています。

この日は夜に練習しました。

夜にした場合、筋肉痛になる前に就寝でき、寝ている間に疲れが取れ、翌日も痛くはなりません。

強い日差しを受けることもないので、体力もそれほど使わなくて済みます。

特に夏場は、夜に運動したいものです。

 

二日連続で2時間、マンツーマンでテニスをするのは無理がないだろうかと心配しましたが、大丈夫でした。

むしろ、体力がついたような気がします。

部活では、夏を制する者は秋に大きく伸びるなんてことも言われるらしく、私も無理のない範囲で運動したいと思っています。

また、こんなふうに娘達の相手をできるのも、あと数年かなあなんて思うと、つい頑張ってしましまうのです。

 

炎天下の運動は慎重に!

夏休みに入る前は炎天下の日が続き、猛暑日なんてのもありました。

そんな暑い中、無謀にも大人達で、何度かテニスをしました。

クーラーをかけた家の中にいると、炎天下でテニスをやるなんて信じられないと思ってしまいます。

しかし、せっかくコートをとってあるので頑張って参加しました。

 

コートの片側は木陰、反対側は日照り。

木陰の方でやっていればわりと大丈夫。

日照りの方でストロークをやると、10分と続きませんでした。

これは危ないという感じだったので、皆でこまめに水分を取り、慎重になりました。

 

ダブルスのゲームの場合はもう少し長い時間、頑張れます。

しかし、走ってボールを追いかけるのは、控えめにしなくてはと感じました。

 

実際にこういう経験をしてみると、部活をやっている子供達は本当に大変だなあと思います。

こまめに休憩を取ってくれ、体調を気遣ってくれる顧問もいれば、限界を知るべきだと、熱中症の子を出してしまう先生もいますからね。

猛暑と部活

 

慎重かつ短時間ならば、真夏でも運動したい

大人でも体調が良ければ(これは強調します!)、暑い中でも運動することはできます。

やはり運動で体力が付くことは実感できました。

汗を流すと体がスッキリします。

むくみも取れます。

食欲が増し、ご飯も美味しく食べられます。

夏こそしっかりと食事をとりたいですよね。

 

ただ、疲れきってしまうほどやり過ぎないよう、注意しないといけません。

その後の家事ができなくなってしまうと、逆にストレスを溜めることになりますからね。

 

驚いたことに、70代~80代の近所のご年配の方達も、真夏の昼間にテニスをされています!

負けてはいられません。

 

長女がこの夏休みから、毎朝5キロほど走りこんでいます。

ダッシュとかもしているそうです。

そのおかげでなんと、足と腹筋が締まってきました!

 

今までぴったりと履いていたズボンに、ゆとりができたのです。

いいなあ。

私は暑い季節はランニングしていません。

涼しくなったら再開せねば。

 


さて、今日は次女が4泊5日のキャンプツアーに、たった一人で参加しました。

本人の強い希望があったので申し込んだのですが、ちょっと心配…。

そして明日は、長男が約2週間の海外研修旅行から帰ってきます。

ホームステイはどうだったかな~?

 

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る