高校生の長男の生い立ち

とっても自由な小学校時代

我が家では、息子が小学生の頃に、勉強しなさいと言ったことがありません。

むしろ今のうちにどんどん遊びなさいという方針で、自由にさせていました。

 

そうはいっても、習い事はいくつか真面目に通っていいました。

空手は小学校6年間ずっと通い続け、黒帯を取ることができました。

コツコツと頑張り続けました。

その調子で中学では勉強を頑張ってくれるかな?

 

前途多難な中学校時代

息子自信、勉強はしなければとか、いい点を取りたいという思いはあったようです。

しかし、精神的にまだ幼かったのでしょうね。

まだまだ自立していない、人に流されやすい、体力がない、勉強の仕方が分からないなど…。

 

前途多難だということに初めて気付きました。

いくら親でも、一人目の子の見極めはとても難しいものでした。

 

ここ、埼玉県の県立高校の受験は、継続型受験と言われています。

受験の時の調査書には、1年生から3年生までの内申点が記載されます。

だから、1年生の最初の中間テストから気を抜くことはできません。

 

お隣の東京都はこれが全然違うのだそうです。

3年の2学期の内申点のみを見られるそうです。

 

しかも埼玉は、塾の先生方が口々に言いますが、部活が激しすぎると。

本当にその通りで、運動部や吹奏楽部の中には、週に1度も休みがない部活も多いです。

私も最初、予定表を見たときに、大変驚きました。

これで勉強ができるの?
疲れはいつ癒せばいいの?
顧問の先生も休みなしでいいのかしら?

中学校には疑問だらけでした。

 

やはり部活中心になってしまい、これではダメだと、2年生から塾通い。

その塾は、この辺では最も厳しいけれど、生徒の個性はよく把握してくれ、その子に合った指導をしてくれていました。

自分で貪欲になれない息子にとっては、そういうのが合っていたのでしょう。

2年生の3学期頃から少しずつ成績が上昇し、3年生からは面白いように上がって行ったのです。

 

上昇気流の時って、性格も少し大人っぽくなり、部活のテニスも上手くなり、全てに成長が感じられました。

偏差値的には上位校を狙えるまでに行きましたが、1、2年の時の内申点が良くない…。

本人の希望もあり、チャレンジ受験しましたが、やはり1、2年の時の手薄だったところが影響したのでしょうね。

結果は落ちました。

 

さあ、這い上がることはできるかな

悔しかったでしょうね。

1~2日落ち込んだ後、高校の勉強を始めたいというので、いくつか参考書を買いました。

でも頑張ったのは数日だけだったと思います。

 

都内の私立高校に入学し、新しい環境に慣れるのに少し時間がかかっていたようです。

勉強に対しても少々気が抜けている感じで、またぱっとしない成績になってしまいました。

それでも、素晴らしい先生方が授業をしてくださっているようで、授業は面白いみたいです。

特に英語!

英検は問題集を買わず、しかも対策も全くせずに、2級に合格しました。

授業の内容が、英検に対応できるようになっているそうです。

さすが私立だなあと思いました。

 

さて、高2になろうとしているこの春休み。

今から勉強を頑張ると宣言していました。

悔いのないよう、頑張れ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る